赤ちゃんをアレルギーから守る!︎知らないと命に関わる可能性のある食べ物とは

 

初めての子育てはわからないことばかりで不安、心配ですよね?

大きくなるとミルクから少しずつ離乳食に変わっていきます。

食物アレルギーについて分かりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

アレルギーの症状

 

「皮膚、粘膜症状」

 

全身にかゆみが出るじんましんなど口に違和感があったり、口の周りがはれたり、目が赤くなったり、目の周りがはれるなどの症状があります。

 

「呼吸器症状」

 

食物アレルギーに多い症状です。

くしゃみ、鼻がづまり、鼻が出る、咳、息を吸うのがキツいなどの症状があります。

 

「消化器症状」

 

吐き気、お腹が痛い、吐いたり、下痢などの症状があります。

鶏が産む卵を食べるとアレルギーが出やすいです。

 

「アナフィラキシーショック」

 

体の中にある臓器に症状が出てしまうことです。

血圧が下がったり、意識を失うときは亡くなってしまう可能性が高いので救急車に電話しましょう。

 

「全身の症状」

 

  • 体がぐったりする
  • 意識がはっきりしない
  • おしっこ、便を我慢できない
  • 脈をとることができない
  • 唇、爪が青白くなっている。

 

「呼吸器の症状」

 

  • 息がうまくできない
  • 声が出しにくい
  • 息を吸うと喘息のような呼吸をしている

 

「消化器の症状」

 

  • お腹の痛みがある
  • 吐いている時が多い

 

※体全身、呼吸器、消化器の症状で1つでも当てはまるときは救急車をよびましょう。

 

 

意識がなく命の危機にあるときは、薬、エピペン(アドレナリン自己注射薬)を持っていたら飲ませたり注射をしましょう。

症状が軽くても、重くても食物アレルギーが起きたらかかりつけの病院で診察を受けることをおすすめします。

 

※エピペンとはアナフィラキシーなどの重いアレルギーが出た時に症状を和らげてくれる治療です。

 

注射器で薬を体に入れますが、使うときは注射の針は目で確認しても、見えないので子供が怪我をすることもなく使いやすくなっています。

 

 

 

アレルギーになりやすい食べ物

 

食べ物アレルギーは全ての食べ物に入っているたんぱく質がアレルギーとして体が反応することはありません。

消化されなかったたんぱく質がアレルギーになりやすいです。

 

赤ちゃんは鶏の卵、牛乳、チーズ、ヨーグルトなど、小麦子が入っている食べ物があります。

赤ちゃんは、胃腸の機能が大人のように活発に働いていないので、流動食である「おかゆ」を食べさせましょう。

 

初めてご飯を食べるときは、10倍がゆから赤ちゃんの様子をみながら食べさせましょう。

食べないときはお粥に普段飲んでいるミルクをいれると食べますよ。

 

小学校~大人はカニ・エビ、小麦粉の入っている食べ物、くだもの、そばなどがアレルギーを発症しやすいです。

 

スポンサーリンク

 

子供にアレルギーが多い理由は?

 

食物アレルギーにかかっている80%以上はまだ保育園、幼稚園に通っている6歳以下の小さい子供に症状が出やすいです。

 

※まだ誕生日がきていない0~1歳になっていない子どもに限定すると、10〜20人に1人がアレルギー症状が出ています。

 

最近は、食物アレルギーだけではなく他のアレルギー症状を持っている人が多くなっています。

 

食物アレルギーは食生活が多いです。

昔は魚、野菜など栄養バランスがいい食事をとっていましたが、今は野菜を食べずに外で食事をしたり、お湯を入れたらすぐできるインスタント食があるので昔に比べると栄養が足りないように感じます。

 

インスタント食品などは添加物が入っているので体を酸化させて、免疫力が下がるとアレルギーに弱い体になってしまいます。

 

 

アレルギーを防ぐための方法

 

赤ちゃんの時に母乳を飲むとアレルギーになりにくい体質になります。

母乳には「TGF-β」が体に必要ではない免疫反応を抑える大切な成分がたくさんあります。

赤ちゃんに母乳をあげる前に食事で気をつけることがあります。

 

赤ちゃんの頃、ミルクから少しずつ離乳食に切り替わる時は、最初からたんぱく質が多い食べ物はたくさん食べさせないようにしましょう。

たんぱく質が入っている食べ物では、卵・牛乳・豆・豆腐などはアレルギーを起こしやすいです。

 

毎日違った食べ物を少しずつ赤ちゃんの様子を見ながら食べさせることが大切です。

 

まだ赤ちゃんに母乳をあげているママも毎日同じ食べ物を食べないようにしましょう。

赤ちゃんと一緒で卵、牛乳、大豆製品はたんぱく質が高いので注意が必要です。

 

赤ちゃんに初めての離乳食をあげたときは?

 

私の子供がまだ赤ちゃんだった頃の話をします。

初めての子育てだったので「離乳食の作り方」の本を見ながらつくりました。

 

初めて食べさせたのはおかゆよりも柔らかい10倍がゆです。

最初は2口くらいしか食べませんでしたが、3ヶ月くらいたつとぱくぱく食べてくれるようになり、市販で売っている添加物が一切入っていない赤ちゃん用のジュース、茹でた野菜(ほうれんそう、にんじん、さつまいも)、赤ちゃん用のうどんを食べさせていました。

消化が悪い食べ物は食べさせていませんでした。

 

離乳食を作るのが嫌になったときは、市販で売っている添加物が入っていない赤ちゃんのご飯を食べさせていました。

 

離乳食を作るのは手間がかかってなれるまでが大変でしたが、子供がご飯を食べてくれると嬉しかったです。

今は2歳になりますが食物アレルギーはありません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

赤ちゃんは体の機能が大人のように発達していないので、赤ちゃんの様子をみながら柔らかい食べ物から少しずつ食べさせてが大切だと思います。

 

食べ物アレルギーは症状が出てしまうと大変なので、赤ちゃんにどんな食べ物をあげていいかわからないときは先輩ママ、自分を育ててくれた親などに相談してみてはどうでしょうか?

この記事を読んで少しでも悩みが解決すると嬉しいですね。

 

 

▼綿100%で敏感肌にも安心!ベビーキャリアで赤ちゃんとお出かけ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です