なぜか赤ちゃんの肌がガサガサに!つるりんお肌を取り戻すための方法と原因

 

初めての子育てでわからないことだらけ!

最近赤ちゃんの肌がカサカサしていて心配なママに、赤ちゃんがかかりやすい病気について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌がガサガサになった原因

 

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚より角層が発達していないので、少しの刺激で乾燥しやすいです。

産まれてから3か月ぐらいまでは皮膚から出る皮脂の量は多いですが、3ヶ月をすぎると皮脂の量が少なくなって皮脂膜が作られません。

皮膚の水分を守るバリアの働きがなくなると乾燥肌になりやすいので注意が必要です。

 

赤ちゃんの乾燥肌を何もケアをしなければ症状が悪くなったり乾燥性乳児湿疹などの病気になります。

乾燥して傷ついた皮膚からウイルスが入ると風邪、熱が出る可能性があるのできちんとお手入れをしましょう。

 

赤ちゃんはまだ泣くことしかできないので、肌が乾燥してかゆくてもわかりません。

肌が乾燥していないか、お風呂に入れるときに肌の状態をみてお風呂上がりはベビーオイルなどを体に塗りましょう。

 

すでに乾燥して炎症を起こしていたら小児科の病院につれていって、薬を処方してもらいましょう。

 

赤ちゃんがかかりやすい皮膚の病気

 

「乳児湿疹(にゅうじしっしん)」

産まれて2週間たつと顔、体などがかゆくなります。

乳児湿疹は1歳ごろまでなりやすいので、食べ物、よだれ、汗などをしっかり拭いて湿疹ができないように予防することが大切です。

 

 

「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」

頭、髪の毛の生え際に黄色いフケがついてうろこのようなかさぶたができて、治療をしないで放っておくと近づくだけでにおいがしますし、かさぶたの下には湿疹ができていることがあります。

 

「おむつかぶれ」

赤ちゃんの肌はデリケートなので排泄物でおしりがむれたり強くこすったりするとおしりが赤くただれます。

 

赤ちゃんはまだミルクしか飲まないのでオムツを変える回数も多いので、暑い時期はとくにオムツかぶれが起きやすいので注意が必要です。

 

オムツかぶれの初期症状は皮膚が赤くなりますが、悪化するとおしりに赤いぶつぶつができて、皮膚がむけてジュクジュクするのでオムツを換えるたびに痛がるので症状が悪くなる前に小児科に行くことをおすすめします。

 

「あせも」

汗を出す毛穴に汗、ほこり、汚れなどがつまると炎症を起こします。

赤、白いの小さなブツブツができますが、白いあせもは、かゆくないので放っておいたら自然に治ります。

 

赤いあせもは頭、首のまわり、手足のくびれ、背中などに出きやすくかゆみがあります。

 

スポンサーリンク

皮膚の病気を治す方法

 

「乳児湿疹を治す方法」

ステロイド薬が入っていない軟膏などを塗ります。

皮膚をなるべくきれいに保つことを心がけて、お風呂に入るときは刺激が少ないベビー用のボディーソープで洗うようにしましょう。

 

「乳児脂漏性湿疹を治す方法」

ステロイドが入っている軟膏、皮膚保護薬などで治します。

お風呂に入る30分前にベビーオイルをつけたコットンをつけるとかさぶたがとれやすくなります。

かさぶたがとれたら低刺激のシャンプー、石けんで優しく洗いましょう。

 

「おむつかぶれを治す方法」

おむつが濡れていたらこまめにおむつを換えておしりを清潔に保つことが大切です。

紙おむつ、布おむつ、おむつカバーは肌への刺激がない空気が通りやすいものを選びましょう。

 

おしりが汚れているときは、赤ちゃん用のボディーソープをつけてシャワーで洗い流しましょう。

症状が軽いときは、ステロイドが入っていない塗り薬ですが、症状が重いときは、普通のステロイド薬より弱い塗り薬で治療します。

 

塗り薬で治らないときは、「カンジダ菌」の可能性があるので小児科の先生に相談して治療をしましょう。

 

「あせもを治す方法」

汗をかいているときはふきましょう。

汗をたくさんかいているときは、肌着、洋服を着替えたり、ベビー用のボディーソープで体をきれいに洗ったあとはシャワーできれいに流しましょう。

 

赤ちゃんが無意識のうちに爪で皮膚をかかないようにお風呂に入ったあとに短く切りましょう。

 

肌着は汗をすいやすく、空気が通りやすい綿の素材を選んで、夏場は汗をかきやすいのでエアコンを使うと思いますが、赤ちゃんに直接、扇風機、エアコンの風が当たらないようにしましょう。

あせもが治らないで症状が悪くなっているときは小児科に行きましょう。

 

赤ちゃんのスキンケアグッズ

 

赤ちゃんが使うベビーオイルなどは市販のお店で買うことができますが、赤ちゃんの肌に合ったものを選びましょう。

 

肌が敏感な赤ちゃんがいるのでドラッグストアに売っているボディーソープが合わないときは

ネット通販で売っている「ALOBABY」ミルクローションがおすすめです。

これは天然成分が入っていて無添加なので、赤ちゃんが安心して使える商品です。

 

赤ちゃん専用のオイル、紫外線対策のオイルなどを買ってみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサになっていたら、ベビーオイルなどをお風呂に入ったあとに毎日塗ると効果があります。

 

初めての子育てで大変だと思いますが、子育ては一人ではできないので

夫、家族、友達に悩みを相談されてみると気持ちが楽になりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です