赤ちゃんが鼻血と熱を出して緊急事態!まずどうすればいいの?

 

赤ちゃんが急に鼻血、熱を出したときはどんなふうに対処した方がいいのか紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻血について

 

赤ちゃんの鼻は綿棒より小さくまだ皮膚がやわらかいので、少しの刺激で血が出やすいので鼻をきれいに拭くときは注意が必要です。

 

赤ちゃんの鼻から血が出ているときは「キーゼルバッハ部位」から出ているそうです。

鼻粘膜は大人の鼻よりも傷つきやすいので寒くなったり、暑くなったりと気温が変わったり、お風呂に入って体が暖まる時、いつも鼻を触る赤ちゃんは様子をみましょう。

※キーゼルバッハ部位とは、画像の部分です。

出典:http://tagamiclinic.com/nosebleed/index.html

 

鼻血が出る原因は?

 

赤ちゃんが自分で鼻をいじる癖があると鼻の粘膜が傷つきやすいので鼻から血が出ます。

赤ちゃんがハイハイして壁に頭をぶつけたり、転んで鼻を傷つけると鼻血が出ます。

 

  • 赤ちゃんはまだ体温調節ができないので体に熱がこもると鼻から血を出してまうので、あまり洋服を着せないようにママが調節をしましょう。
  • お風呂に入ると赤ちゃんは体温があがるので鼻血がでた時は、時間をおいてから入浴して、長い時間湯船に浸からないようにすることが大切です。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの発熱について

 

「熱の測り方」

赤ちゃんは平熱が高いので37度以上出ます。毎日決まった時間に体温を測るようにしましょう。

※朝起きる前、昼、夕方、寝る前に測りましょう。

 

  • ミルク、母乳を飲んだあと、遊んだあとは体温が急に上がりやすいので、寝ていてじっとしているときに測りましょう。
  • 高い熱は37.5℃以上あるのにオムツにおしっこ、汗をかいていなくてぐったりしているときは、脱水症状でぐったりしている可能性があるので早めに小児科病院にいきましょう。

 

「熱が高いときの対処方法」

赤ちゃんを布団に寝かせて熱以外の症状がなくてぐったりしていないときはしばらく様子をみましょう。

 

熱が上がると顔が赤くなって汗をかきはじめます。

肌着、洋服、布団のシーツが汗でびっしょりになるので、肌に直接触れる肌着はこまめに着替えて、タオル、蒸しタオルで体をきれいに拭きましょう。

こまめに赤ちゃん用のイオン飲料、麦茶などの水分をこまめにのせましょう。

 

39度以上の高い熱が出たときは、濡れたタオルを背中、わきの下、足のつけねを冷やすと熱を下げることができます。

赤ちゃんの体を冷やしすぎるのもよくないので様子をみながらしましょう。

 

初期対応はどうすればいい?

 

赤ちゃんを抱っこして鼻血が出ている鼻を横から手で押さえて、血が止まるまでします。

※顔は上を向けないで下を向かせるか、前をまっすぐ向かせます。

優しく声をかけながら頭を支えると10分くらいたつと鼻血はとまります。

 

「✕ダメな方法✕」

赤ちゃんに鼻の中にティッシュをいれると鼻の粘膜を傷つけてしまうので鼻の奥まで入れないようにしましょう。

ティッシュは鼻を押さえる時に使って鼻から流れてきた血を拭きましょう。

 

よく顔を上に向いて鼻血をとめる方法がありますが、あまり上に向いていると鼻から喉の方へ流れてしまいます。

赤ちゃんは少しの刺激でも敏感なので上に顔を向かせないようにしましょう。

 

「鼻血がとまらないとき」

鼻から血が出ないように処置を30分以上時間がたってもとまらないとき頭を強く打ったあとに鼻から血が出たとき、鼻から出る量が多いとき、

一週間に何度も鼻血を出しているときはなどの症状がでるときは

「特発性血小板減少性紫斑病」、「血友病」の血液の病気の可能性があります。

鼻から血が出る以外に顔色が悪かったり、貧血、発熱が続いたりなど、さまざまな症状が現れることが多いそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが急に鼻血、高い熱が出たら心配すると思いますが、慌てないで自宅でできることをしてそれでも鼻血、熱が下がらないときは病院に行くようにしましょう。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼赤ちゃん専用の体温計、おすすめはコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です