意外と難しいゆで卵のゆで時間!「半熟」「固ゆで」最適な時間とキレイな剥き方は?

 

皆さんはゆで卵を作る時に困った経験はありませんか?

【固ゆでを作りたいのに黄身が固まっていなかった】

【半熟のゆで時間以上に茹でてしまって固ゆでになってしまった】

これ、実は私も経験しています。

しかも夜ご飯の忙しい時間に失敗してしまうものだからあとの予定もくるってきたりして・・・。

もうこのような失敗は繰り返したくない!

卵のゆで時間がはっきりしていれば問題はないのです。

ということでここではっきりさせておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ゆで卵の作り方・・・半熟と固ゆでの完璧な時間が知りたい!

 

私の失敗のように無駄な時間は避けたいところですよね。

そこでゆで卵の基本の作り方、半熟と固ゆでの時間を明確にしていきたいと思います。

 

ゆで卵の基本の作り方

 

とっても簡単です。

 

1 鍋に水を入れて沸騰させる(卵を入れた時に完全に浸るくらい)

2 卵をお玉で鍋の中に入れる

3 作りたい卵ができるように指定の時間ゆでる

4 ゆで上がったら冷水に入れる

 

ゆで時間 6分:黄身が固まっておらず、とろーりな半熟卵

ゆで時間 8分:黄身は固まって見えるが、固ゆでのようなパサパサした感じではなく、口に入れた時にしっとりしている

ゆで時間 10分:黄身は完全に固まったように見えるが、中央部分だけ小さくしっとりしている

ゆで時間 12分:ゆで時間10分の時にみられたしっとり部分が完全になくなる、固ゆで卵

 

上記の方法でも作れますが、実は100均に便利アイテムがあるんですよ。

ダイソーに売っている「エッグタイマー」。

見た目がとってもかわいらしく、たまご型のにわとりちゃんです。

にわとりちゃんのピンク色の部分に外側から中央に向かって[SOFT][MEDIUM][HARD]の表記があります。

ピンク色が白色に変わる仕組みになっているのですが、鍋に水と卵とにわとりちゃんも入れてお好みの固さの英表記のところが白色に変わったらゆで卵の完成です。(水の状態から始めてください。)

このにわとりちゃん、お湯の中にいるときに冷水をかけて冷やさないでくださいね。

割れちゃうことがあるので・・。

 

 

温泉卵の作り方

 

ちなみに温泉卵ってありますよね。

鍋に温度計刺して温度管理しながら作るイメージがあったのですが、簡単にできてしまうんですよ。

 

1 鍋に水1000ccを沸騰させる(ボコボコと大きな泡が出るまで沸かしてください)

2 火を止める

3 冷蔵庫から出したばかりの卵を鍋に入れ、水200ccも鍋に入れる

4 蓋をして20分待つ

5 冷水で冷やす

 

私はこれが簡単でこの方法で作っています。

(レンジで作る方法もあるみたいですが、父親がレンジで卵を爆破させてからレンジで卵はトラウマになってしまったので)

 

スポンサーリンク

 

もうイライラしない!殻の上手な剥き方

 

私、先日もやってしまったんですよ。

息子の大好きなゆで卵が・・・殻に白身がくっついてきてしまってボロボロに。

もう失敗はできないので私も勉強しますよ。

 

ボロボロ卵にしない方法

 

1 冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵をそのままゆでてしまうと、ゆでている最中に殻にひびが入ってしまったり、私の様に殻が白身にくっつくという惨事につながるので常温卵を使う

 

2 その卵に小さな穴をあけてから(軽くひびを入れておくのも可)沸騰したお湯の中へお玉を使って入れる

(穴をあけるのは針とか安全ピンとかを使いますが、割れてしまわないように気をつけてください。)

 

3 好きな固さのところまでゆでたら取り出して、冷水で冷やす

我が家の人間は赤ちゃんを除く5人が卵大好きなのでさっそくやってみましたよ。結果は・・・5つとも大成功でした!

 

私は卵に穴をあけるとき、割れないようにと肩に力が入ってしまっていましたが、そんな私と同じように肩に力が入ってしまう方向けに、100均に卵の穴をあけるものが売っているらしいです。

名前は「たまごのプッチン穴あけ器」。(私も購入してみようかな・・・)

穴をあけるのが軽くストレスになるといけないので私と同じような方は是非どうぞ。

 

 

「半熟卵」「固ゆで卵」を料理に使う

 

ゆで卵って半熟でも固ゆででもおいしいですよね。

私は大好きです。そんなおいしいゆで卵、調理しても当然おいしいのです。

ここで我が家のゆで卵料理をいくつか簡単に紹介させてください。

 

半熟卵編

 

<半熟卵フライ>

 

用意するもの:半熟卵、揚げ物の用意(小麦粉、卵、パン粉)

 

1 半熟卵に小麦粉、卵、パン粉をつける

2 衣がキツネ色に変わるまで揚げる

 

すごく簡単です。私はマヨネーズかしょうゆをつけて食べます。半熟卵がおいしいので当然おいしいですよ

 

<肉巻卵フライ>

 

揚げ物続きですみません (^^;)

 

用意するもの:半熟卵、豚肉薄切り(お好きな部位で)、揚げ物の用意、塩コショウ

 

1 豚肉に塩コショウをふる

2 卵にグルグル豚肉を巻く

3 小麦粉、卵、パン粉をつける

4 衣がキツネ色に変わるまで揚げる

 

お肉が使ってあるので働き盛り、(高校生の頃から)食べ盛りの主人も大満足のひと品です。

 

<半熟卵INハンバーグ>

 

用意するもの:半熟卵、おうちのハンバーグのたね

 

1 半熟卵をハンバーグのたねで包む

2 普段のハンバーグとは違うのであらゆる方向から焼く

3 (我が家のソースですが)ハンバーグを焼いたフライパンの汚れを軽くとって、バターを投入、ソース:ケチャップを1:2の割合で入れて、お酒少々、最後に三温糖を投入。(2人分ならソース大さじ1 ケチャップ大さじ2 お酒少々 三温糖小さじ1弱)

 

これは卵もハンバーグも大好きな息子が喜んで食べてくれます。

 

固ゆで卵編

 

<簡単にグラタン(風)>

 

用意するもの:固ゆで卵、食パン、クノールカップスープのポタージュ、冷凍ブロッコリー、ピザ用チーズ

 

1 固ゆで卵を輪切りにする

2 食パンを角切りにする

3クノールカップスープのポタージュを作る

4 上記1、2、3、ブロッコリーをグラタン皿に入れる

5 ピザ用チーズをかける

6 トースターで焼き色がつくまで焼く

 

寒い時期の朝ごはんにどうぞ。パンの焼けた部分のサクサクもおいしいですし、中のつけパン状態になったところもおいいしいです。

 

<子ども春巻き>

 

用意するもの:固ゆで卵、ハム、スライスチーズ、マヨネーズ、春巻きの皮、塩コショウ

 

1 固ゆで卵をみじん切りして、マヨネーズ、塩コショウと混ぜる

2 ハムとスライスチーズを半分に切る

3 春巻きの皮→ハム→スライスチーズ→1の卵→スライスチーズ→ハム の順番にのせて包む

4 油でキツネ色になるまで揚げる

 

偏食の激しい息子が食べれるものを作りたかったので。息子の好きなものしか入っていないので・・いっぱい食べました。

 

<かぼちゃとゆで卵のサラダ>

 

用意するもの:固ゆで卵、スティックチーズ、かぼちゃ、マヨネーズ、塩コショウ

 

1 固ゆで卵を半分に切って黄身を取り出す

2 かぼちゃをレンチンして柔らかくする 温かいうちにフォークなどでつぶす

3 スティックチーズを輪切りにする

4 上記1、2、3、マヨネーズ、塩コショウを混ぜる

5 上記1で残った白身にスプーンで盛る

 

これはかぼちゃがあまり好きではない息子も食べます。

チーズと卵が入っているのでおいしいみたいです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回紹介したゆで時間と殻の剥き方、活用してくださいね。

私はもう、ゆで卵の殻むきでイライラしたくないので「常温&穴あけ」活用していきますよ!

ゆで卵一つでも見た目がボロボロとつるりんでは気持ちも違いますもんね。

 

簡単にしか紹介していないですが、我が家の卵を使った料理も是非お試しください。

ちなみに私のおすすめは肉巻卵フライです。おいしいですよ。

 

 

▼ダイソー以外の「エッグタイマー」はこちらが大人気です!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です