「ビュッフェ」と「バイキング」の違いはコレ!海外で恥をかかないための注意点は?

 

外食をする時ってどんなイメージですか?

昔なら、メニューを見て食べたいものを選び、自分が座っている席に運んでもらうイメージがありますよね。

 

しかし、今の世の中は違う!

ビュッフェやらバイキングやら食べ放題やら色々なスタイルがありますよね。

ビュッフェやバイキングは好きな物を取りに行き、立ったまま食べたり、自分の席で食べるのですが・・・

実は私、このスタイルはあまり好きではありません (ー_ー)

 

でもある時、疑問に思った事があります。

「あれっ?ビュッフェ・バイキングって食べ放題の事なの?」

 

この事は気になる方が多いのではないでしょうか?

私の疑問を解りやすく説明させて頂きますね。

 

スポンサーリンク

「ビュッフェ」と「バイキング」の意味とは?

 

では、それぞれどのような意味なのか見ていきましょう!

 

「ビュッフェ」の意味

ビュッフェと聞くだけでとても贅沢なイメージを感じるのは、日本人だからでしょうか?

実はフランス語が語源の言葉で、世界で通用する言葉なのです。

しかし、世界では贅沢なイメージなんてまったくなく、簡易食堂的な意味で使われる言葉です。

ビックリですね。

 

日本で例えると、立ち食い蕎麦の店みたいなイメージです。

イヤ!このイメージ以下かもしれません。

海外だと、ビュッフェ=セルフサービスで立ち食い

こんな感じですかね。

結果、日本でも海外でも、ビュッフェは食べ放題の意味ではない様です。

 

「バイキング」の意味

自分が好きな料理を好きなだけ取って食べるスタイルを、バイキングと言います。

 

今ではバイキングと言う言葉を良く聞きますが、食事スタイルのバイキングと言う言葉は、なんと日本で誕生しています。

帝国ホテルの支配人が名付け親で、日本ではじめて食べ放題のレストランをオープンさせたのです。

 

そのレストランの名前が「バイキングレストラン」。

日本でかなり人気になり、全国に広まったのです。

 

バイキングの言葉は食べ放題と思って大丈夫そうですね。

しかし、今はバイキングの言葉を使うより、食べ放題の言葉だけを使う事が多くなってきています。

 

スポンサーリンク

知らないと恥をかく?ビュッフェとバイキングの注意点!

 

ビュッフェとバイキングの違いは先ほど説明した通りなのですが、ちょっと気を付けたい点をご紹介します。

ビュッフェは、食べ放題ではないので、好きな物を好きなだけ取ってしまうと、他の人の分が無くなり、白い目で見られるので注意です。

バイキングが食べ放題の店と言うのは、日本だけで通用する言葉です。

海外に行って食べ放題の店を訪ねる時、バイキングの言葉は使わない様にしましょう。

 

意味の解らない事を言う外国人と思われるか・・・

下手をすると変な店を紹介されるかもしれません (^^;)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

何気なく行っていたお店が、どんなスタイルの店なのか?

ちゃんと理解する事は大事ですね。

今は本当に新しいスタイル(言葉)が色々あり年齢を重ねた方々にはなじめないかもしれませんが?

今の世の中に付いていき、美味しい物を好きなだけ食べられるスタイルのお店の時には、好きな物をたくさん食べて満足していきましょうね。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です