「花粉症」遂にかかった!?突然襲いかかる国民病の正体と対策

今現在、花粉症にかかっていなくても突然かかる恐れがあります。

花粉症についてわかりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

花粉症って何?

 

日本人の約25%が花粉症にかかっているようです。

花粉症は、スギ、ヒノキなどの花粉を吸い込むとくしゃみ、

目が痒くなったり、鼻水などの症状が出てアレルギーを起こします。

花粉症の他には季節性アレルギー性鼻炎があります。

 

「アレルギー性鼻炎」

花粉が飛ぶ季節だけ症状が出る病気です。

日本には約60種類くらいの植物があるので花粉症が起きやすいようです。

代表的なものは、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサなどがあります。

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水だけでなく目がかゆくなったり目が赤くなったりなどがあります。

人の体質によって違いますが、のどのかゆみ、皮膚がかゆくなったりなどの症状が現れるそうです。

 

「口腔アレルギー症候群」

花粉症とは違いますが果物、野菜などを食べると口の中がかゆくなり、腫れたりする症状があります。

花粉症の人は一度かかりつけの病院で果物、野菜にアレルギーがないか検査をしてもらいましょう。

 

「通年性アレルギー性鼻炎」

アレルギーとなるものはダニ、家の中のほこり、ゴキブリなどの虫、ペットを飼っている人は注意が必要です。

症状はぜんそく、アトピー性皮膚炎などがあります。

最近は通年性アレルギー性鼻炎、花粉症の二つにかかって悩んでいる人が多いようです。

一年中くしゃみ、鼻づまり、鼻水が出たり、目がかゆくなったりなど人それぞれ体質が違うので症状が様々です。

 

突然発症した!まずどうする?

 

応急処置として症状が出た周りを冷やす。

花粉症の症状として鼻づまりなどがある時は鼻の周りを冷やしましょう。

鼻を冷やすと鼻の通りがよくなって改善されます。

目がかゆいときも目の周りを冷やすとかゆみが軽減されます。

 

花粉症の症状を一時的に抑えただけなので耳鼻咽喉科で

お医者さんに診察をしてもらうことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

花粉症の症状を改善させる方法は?

 

  • 食事で花粉症の症状を改善する。

体の免疫を上げるために「抗酸化食材」を食事で補うことで免疫機能が高くなります。

抗酸化食材はビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カロチン、バナナ、緑黄色野菜、キャベツ、果物がおすすめです。

 

ネバネバ成分があるおくら、納豆などに入っている「ムチン」は、胃・肺・鼻の粘膜を強くしたり、粘膜の保護に効果があると言われています。

出典:アトピーの原因と食事

 

腸内環境を整えるためにヨーグルト、さつまいもなどを食べるのも効果があるそうです。

 

  • 外出しても花粉を浴びない。

マスクをつけて外出しましょう。

普通のマスクでは意味がないので花粉症、ウイルスが入ってこないマスクを買うようにしましょう。

仕事、休みの日はコンタクトをつけていると思いますが、花粉症の時期はメガネをつけて花粉が目に入らないように心がけましょう。

 

  • 家に帰ってきた時は洋服についた花粉を払ってから中に入るように心がけて、家にいるときは花粉が入らないように窓を閉めましょう。

 

  • 洗濯物、布団はベランダに干さないようにしましょう。

外に干すとたくさん花粉がくっついて夜は症状が出て眠れなくなる可能性があるのでコインランドリーで丸洗いしましょう。

 

花粉症って治るの?

 

花粉症、アレルギー性鼻炎は、今まで症状がなかった人が何かのタイミングで突然アレルギー症状が起きます。

 

アレルギー性鼻炎、花粉症は一度アレルギー体質になると症状を薬で抑えることはできますが、自然にアレルギーを無くすことは難しいです。

しかし舌にスギ花粉の成分を毎日注射で少しずつ体の中にとりいれることで、体が過敏に反応しないようにアレルギー反応を抑えることが出きる免疫療法があります。

 

 

舌下免疫療法とは?

 

日本では、注射で治療する方法が1960年代から行っていたが、2014年に新しい免疫療法「スギ花粉症ダニ」が病院で受けられるようになりました。

舌下免疫療法は、1日1回家でできますし治療の方法は簡単です。

錠剤を舌の裏に置くと薬がすぐに解けて、2分くらいたったら飲み込むそうです。

飲み込んだら5分間はご飯、うがいができません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ずっと花粉症などの症状に悩んでいる人は、舌下免疫療法を試してみてはどうでしょうか?

かかりつけの病院で治療をしているのかきいてみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です