スーパーフード「チアシード」の効果やカロリーは?おすすめの食べ方もご紹介

 

今、話題のスーパーフード「チアシード」のことを知っていますか?

私は名前だけは知っているのですが、どうしてもチアシードと聞くと

タピオカを思い出してしまうほどチアシードがどういうものかわかりません。

そこで今回は、チアシードがどういうものか調べていきたいと思います。

では、早速いってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

そもそもチアシードって何?

 

チアシードとは、シソ科のミントと同種の植物の「チア」という植物です。

ちなみにシードとは「種」のことで日本語だと「チアの種」という意味です。(まんまですね)

チアシードには食物繊維αリノレン酸アミノ酸を多く含みます。

そのため、チアシードと水があれば十分生きていけるとも言われています。

今、体に良いとされる、えごま油やアマニ油にも豊富に含まれている「Aリノレン酸」もチアシードにも多く含まれています。

 

 

チアシードの効果やカロリーは?

 

チアシードとは何かわかりましたね?

そうすると次は、チアシードの効果やカロリーのことではないですか?

はい!みなさんのために調べてみました!

 

チアシードの効果1「ダイエット効果」

 

・・・きました!ダイエット効果!

 

チアシードは水分を吸収するとなんと8倍~14倍に膨らむので、食べると少量で満腹感が得やすいです。

カロリーも大さじ1杯で約50カロリーと非常にカロリーが低いのでダイエットには最適です。

 

チアシードの効果2「美肌効果」

 

女性には憧れの美肌。

その美肌にチアシードが効果を発揮します!

美肌に効果のある栄養素が豊富に入っていて、世界中の美容家がこぞって食してるという話です。

 

チアシードの効果3「便秘解消」

 

便秘で悩まれている方もいるでしょう。

チアシードは便秘にも効果があります。

チアシードの40%が食物繊維でできていてなんと食物繊維がレタス1個分も含まれています。

レタスを1個食べるのは難しいですが、チアシードでしたら量も多くとらなくても便秘の解消が期待できます。

 

チアシードの効果4「アレルギー症状の改善」

 

最近は大人から子供までアレルギー症状に悩んでいる方も多いですよね。

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸がアレルギー症状を緩和してくれます。

チアシードにはオメガ3脂肪酸が自然界トップクラスに含まれていますので効果が期待できます。

 

チアシードの効果5「病気や身体の改善」

 

一説には糖尿病の改善や、心臓病になるリスクを減らすという効果があるということです。

また、骨の形成にも一役買っているようです。

 

すごすぎです (^^;)

本当にチアシードはスーパーフードなのですね。

 

スポンサーリンク

 

おいしい&効果的な食べ方

 

さてそろそろチアシードのおいしい食べ方や効果的な食べ方を知りたい!と思ってきていると思います。

チアシードは無味で歯ざわりもキウイフルーツの種のようなので、基本的にはどんな食材とも合います。

ヨーグルトやジュースに混ぜたり、パンやクッキーに混ぜたり、サラダにまぶしたりと色々な用途に応用できます。

 

また水につけると10倍に膨らむので、タピオカのような食感になります。

冒頭で私が「チアシードと聞くとどうしてもタピオカを思い出す」といいましたが、これのことだったのだなと思いました(笑)

どのような食べ方でも良いようですが、水につけてふやかして食べた方が腹持ちも良く、少ない量でお腹がいっぱいになります。

ダイエットの時はその食べ方の方が効果がありますよね。

 

ただし、ふやかすとトマトのドロッとした所の食感に似ているので、トマトが苦手な方にはつらいかもしれないですね・・・

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回はチアシードのことを調べてきましたが、いかがでしたか?

私も知らないことが多くて勉強になりました。

チアシードはスーパーフードの中でも一番人気があり売れています。

今回ご紹介した以外にもチアシードの効果や食べ方はたくさんあります。

 

ただ、チアシードを使用した加工食品もありますが、チアシードが少なかったり

色々な添加物等身体によくないものもありますので、購入するときはよく気を付けましょう。

チアシードの色々な食べ方や飲み方を毎日の食事に取り入れて健康的な体を手にいれてみませんか?

 

▼TVで話題になったホワイトチアシード

 

 

▼朝が弱い女性に効果抜群!大人気「チアシードスムージー」



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です