「コンディショナー」と「リンス」の違いはコレ!使い方が大事・・・トラブル回避法は?

 

髪の毛のケアーをちゃんとしていますか?

若い時はいい加減でも大丈夫かも?しれません。

しかし年齢を重ねると・・・いい加減な対応が倍返しでやってきて、キューティクルがなくなりますよ。

 

普段シャンプーをして、余分な皮脂や頭皮の汚れを洗い流していると思いますが、その後のケアーが大切です。

 

昔は「リンス」しかありませんでしたが、今は「コンディショナー」もありますよね。

 

「コンディショナー」と「リンス」の違いを知っていますか?

似ている部分もあるのですが、もちろん違いはありますので、説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

「コンディショナー」と「リンス」の違い!どこにある?

 

両方とも、シャンプーの後、髪のゴワゴワ感・ギシギシ感を無くし、なめらかに手触りを良くしてくれる働きがあります。

 

「コンディショナー」の効果とは?

 

  • 髪の毛の表面に必要な油分を与える
  • 潤い(水分)を保ち、つやを与える
  • 枝毛や切れ毛を防ぐ

 

コンディショナーにはこういった効果があります。

 

「リンス」の効果とは?

 

  • 髪の毛の表面に必要な油分を与える
  • 潤い(水分)を保ち、つやを与える
  • 紫外線から守る

 

「コンディショナー」と「リンス」の違いは本当に似ていますよね。

似ている理由がもちろんあります。

両方とも、髪の毛の表面を保護する役割に使う物だからです。

 

しかし、「コンディショナー」の方が、髪の毛のコンディションを整える力が強い。

 

スポンサーリンク

「コンディショナー」と「リンス」使い方のポイントは?

「コンディショナー」と「リンス」を使う事によって、髪の毛に油分を与える事は、髪の毛に必要な事なのですが頭皮には必要がない物です。

洗い方によって頭皮のトラブルの原因になりますので要注意です。

 

使い方のポイントは、

  • 3回ぐらいに分けて毛先につける
  • しっかり洗い流す

 

こういったことに注意して使用してくださいね。

「コンディショナー」・「リンス」と「トリートメント」は何が違うの?

「コンディショナー」と「リンス」の他にも、シャンプーの後に使う「トリートメント」もよく聞きますよね。

「コンディショナー」&「リンス」と違って、「トリートメント」との違いははっきりしています。

 

「トリートメント」は髪の内部に栄養を与える役割があります。
特に傷んだ髪に使用するのがおすすめです。

 

使い方のポイントは、

シャンプーの後に、「トリートメント」を先に使いしっかり洗い流した後に、「コンディショナー」か「リンス」を使うのが効果的です。

 

しかし「トリートメント」は、「コンディショナー」や「リンス」より値段が高いのです。

カラーやパーマをして髪の毛にダメージを与えた後は、何日か毎日使用した方が良いと思いますが、普段は週に2回ぐらいでも良いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

健康な髪の毛は何歳になっても維持していきたいですよね。

特に若い時には当然ある。

キューティクルは大切にしていきたいものです。

キューティクルが失われると白髪の原因になるって知っていますか?

 

キューティクルを保つには、「コンディショナー」や「リンス」で髪の毛の表面を保護し、「トリートメント」での栄養補給が重要となります。

 

最後に注意点!

「コンディショナー」・「リンス」・「トリートメント」

統一されている基準がない為、メーカーによって違いがあります。

表示で特徴をしっかり把握してから使用する事が大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です