「デザート」と「スイーツ」の違いはコレ!見分け方や名前の由来は?

 

デザート、スイーツはよく使う言葉ですが意味、違いをしっかり理解していますか?

デザート、スイーツの特徴、違い、見分け方、名前の由来についてわかりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

「デザート」と「スイーツ」の特徴とは?

「デザート」

フランス語で食べたご飯を片づける意味があります。

ご飯を食べたあとに食べたり、コース料理を頼むときに料理が終わった後に出されるお菓子、果物のことです。

 

「スイーツ」

イギリスでは子どもが食べるあめ、グミなど砂糖を使ったお菓子のことです。

日本でスイーツの言葉が使われたときは子どもが食べるお菓子(ガム、グミ、あめ)、ケーキを作る専門家パティシエの商品を区別するために使われていました。

日本にあるお菓子を作っている会社はスイーツブームに乗っかって色々なスイーツを開発したことにより、「スイーツ」の言葉が広まり今では甘いお菓子をスイーツと呼び方が変わりました。

 

「デザート」と「スイーツ」の違いや見分け方は?

「デザート」

コース料理、食事の後に最後に出されたりフランス料理はチーズもデザートに入ります。

 

デザートは食事をしたあとに食べるので満足感が高まって食事でとれなかった

ビタミンなどの栄養を補うことができます。

 

「スイーツ」

甘いデザートの意味もあります。

最近は洋菓子、和菓子などもデザートと呼ぶようになりました。

 

女性が読む雑誌にはスイーツ特集のページを作って

スイーツという言葉がつかわれるようになりました。

 

スポンサーリンク

「デザート」と「スイーツ」の名前の由来は?

「デザート」

デザートはフランス語で、dessert(デセール)から名前をとったそうです。dessert(デセール)は食事を下げたりなどの意味があります。

desservir(デセルヴィール)という言葉からついています。

 

desservirの言葉は片付ける。

dessert(デセール)の言葉がうまれて16世紀に入るとデザートという言葉に変わって

英語でdessert(デザート)になりました。

デザートは食卓を全て片付ける意味だったので、テーブルクロスもはずしていましたが、

食事の最後に出されるので、テーブルの上に残っているお皿、

グラスなどは片付けなくなったそうです。

 

「スイーツ」

プリン、ケーキなどの砂糖を使っている甘いお菓子です。

英語では甘いデザート、お菓子のことで、sweetアメリカでは

dessertからきているのでカタカナで書かれた英語でもあります。

 

日本でスイーツの言葉は有名なお店のパティシエによる高級なケーキで

子供が食べるお菓子と別々にされていました。

簡単にいうと大人が食べるお菓子という言葉でした。

 

2005年になるとスイーツがブームがきます。

日本にあるお菓子メーカーはお手軽スイーツ、和風スイーツなどを

甘いお菓子と呼ぶようになりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

デザート、スイーツの二つの言葉はにていますが、デザートはコース料理、

家でご飯を食べたあとに食べるからデザートで、スイーツはケーキ、プリンなどの

砂糖を使った甘いお菓子だそうです。

デザートは食事ではとることができない栄養をとるためだったとは知りませんでした。

 

どちらも甘いので疲れたとき、おやつのときに食べると美味しいですよね?

デザート、スイーツの話をしているとお腹がすいて食べたくなってきました。

言葉を調べると奥が深いなと思いましたし他にも似たような言葉はあるので

他の言葉も調べてみたいなと思いました。

 

▼楽天で超人気!「奇跡の口どけセット」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です