お部屋に充満したマンションの排水管のイヤ~な臭い・・・原因と対策はコレ

 

引っ越してきたばかりなのに、部屋に充満したこの臭いは・・・

「下水の臭い!?」

 

せっかくの新生活が台無しになりますよね!

今回はこの臭いの原因や、臭いを取り除くお掃除方法を突き詰めていきたいと思います!

 

意外とすぐに解決できる原因もありますので、この悩みを持つ方や、これから引越予定のある方には必見です!

 

スポンサーリンク

 

臭いの原因「封水切れ」

 

キッチン、トイレ、お風呂、洗面台、洗濯場など…生活から出た排水は一般的に全て下水へと流れていきます。

 

生活空間と下水への道は排水管でつながっていますが、下水の臭いが生活空間へ来ないようにするための工夫が施されています。

それは「排水トラップ」といわれるもの。

そこに水が溜まっていて、その水で汚臭にフタをするような構造になっています。

 

「排水トラップは、シンク下にあるU字型をしているアレのことですよね。でもお風呂場や洗濯場にはあるの?」

と思った方いらっしゃいますよね!私も同じです!

お風呂場や洗濯場の排水トラップは、水や髪が流れ着く…まさにそこです!

そのフタを開けると、水が溜まっていますよね?それこそが排水トラップで、臭いをシャットアウトしてくれる大切な水なのです。

 

ここからが本題です。

引っ越してきたばかりの家など、水を使わない期間が長くなると、

排水トラップに水が溜まらず、下水からの臭いが生活空間へやってくるのです。

 

この状態を「封水切れ」といい、引っ越してきたばかりの部屋が臭うのはこの原因がほとんどだそうです。

対策としては、とりあえず水を流してみること!一度試してみてくださいね。

水を流してしばらく経っても臭いが消えない場合は、他の原因を考えてみましょう。

 

シンク下が臭う?

 

キッチンや洗面台のシンク下を開けてみてください。

 

下の扉を開けると臭う!という場合があると思います。

この場合は、排水ホースにひび割れや穴が空いていたり、接続部分にすき間があったりすると、そこから下水の臭いが漏れます。

 

この場合、排水ホースの交換や、水漏れ防止用の補修テープ、穴埋めシールパテ等で穴をふさぐと良いでしょう。

ホームセンターに行けば、簡単に手に入れることができます。

 

 

排水トラップ自体が原因?

 

排水トラップの状態を見てください。

排水トラップがズレていたり外れていたり、隙間が空いているとそこから臭いが漏れる場合があります。

 

また、排水トラップ自体がヌメヌメ汚れていて、詰まっているかもしれません。

 

この場合は、一度キレイに掃除してみましょう!

 

掃除の手順は、次の項目でご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

掃除の仕方

 

それぞれの場所のお掃除の仕方はどうすればよいのでしょうか?

 

お風呂場編

 

まずは、お風呂場にある排水トラップの洗い方です。

 

ヘアキャッチャーと呼ばれる髪の毛を捕まえてくれる排水目皿の下を見たことがありますよね?

よくヌメヌメ汚れが目につく場所です。

 

実はその下も、取り外せることをご存知でしたか?

ヘアキャッチャーの下には、【回すと外せる】封水筒があるのです。

 

私は知りませんでした…

今まで、お風呂場を掃除したことは何百回?とありますが、私はこの封水筒の表面だけをせっせと洗っていたようです。

(長い間、封水筒を外していないと、固く外れない場合があります。無理矢理外そうとして破損しないように気を付けてくださいね。)

 

注意点としては、封水筒の下にはワッシャーやゴムパッキンなど重要な部品もあります。

洗浄後は正しく設置するようにしてください。

 

そして、そのまた下にも重要な部品「排水ピース」があります。これもまた外して洗えます。

ただ、再度取り付ける際には、その向きに十分注意しましょう。

洗剤は様々なタイプがありますが、水回り業者のプロによると「粉末タイプ」(分包)がおすすめだそうです!

 

そこでおすすめの商品は

 

アズマジック 排水パイプ洗浄剤

 

強い洗浄力で汚れを分解、除去してくれます。(粉末の分包タイプ)

ゴム手袋などで手を保護してから使いましょう。

 

シンク・洗面台編

 

次に、シンク下や洗面台下にある排水トラップの掃除です。

これも思ったほど大変ではありません。

 

まずは、排水口など目に見える表面部を掃除しましょう。

 

ここからが本番です!排水トラップの水抜きをします。

排水トラップの底面にあるネジをゆるめ、ナットを外しましょう。

ナットを外す前には必ずその下に、水をキャッチする用のバケツを用意します。

 

水を抜いた後に、いよいよ排水トラップを外します!

 

ここで要注意事項があります。

排水トラップを外すと、下水からの汚臭が込み上げてくるのでマスクをしたり、窓を開けたりして、空気の換気をするように心がけてください。

あとは、配管の形に合ったブラシや細かい部分や曲がり角は、小さめの歯ブラシを使うと良いですよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

以上、排水管の汚臭の原因やその洗浄方法を突き詰めてご紹介しました。

 

ただ、排水管に穴が空いていたり、シンク下の排水トラップまで…となると、ご自分で出来る限界を感じませんか?

その場合は、ぜひ水道業者さんを呼んで修理や掃除してもらうのも得策ですよ!

関連:関東なら風呂の掃除業者は「カンシン」が年末大掃除にぴったり!口コミや評判は?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です