「美容液」と「乳液」の違いはコレ!それぞれの意味や使い方は?

 

「美容液」「乳液」

きちんと違いを説明できる人は少ないのではないでしょうか?

ここでは「美容液」と「乳液」にはどんな違いはあるのか?

使い方、それぞれの役割を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

美容液とは

肌を乾燥から守るために保湿などの美容成分が入っていることです。

顔に塗ることで乾燥を防ぐことはできますが特に気になる口元、目元などシワができやすい場所に塗ることで肌の悩みが改善されるかもしれません。

人それぞれ肌の悩みが違うので自分にあった美容液をつかうことで肌トラブルが改善します。

美容液は会社によって効果などが違うので自分の肌にあった美容液が見つかるといいですね。

 

美容液はいつ使うの?

 

美容液は肌の奥まで成分を届けることができます。

肌を乾燥から守りたい、紫外線、日焼けでシミをできにくくしたい、シワができにくい肌にしたいなど目的があるときは美容液をつかうといいですよ。

肌の乾燥が気になるとき、シワができにくい肌にしたいときは、20代から美容液が入った化粧品を使うことをおすすめします。

 

「美容液を使う順番」

 

  • 顔を洗います。:肌についている化粧を洗顔フォームで落とします。
  • 化粧水:顔を洗った肌に水分を入れます。
  • 美容液:肌に必要な成分を肌の奥まで潤いを与えます。
  • 乳液などのクリームを塗る。

乳液を塗ることで肌から化粧水が逃げないように膜を張ります。

 

スポンサーリンク

乳液とは

 

肌につけた水分、油分を補う働きがあります。

乳液を肌につけることで肌の表面に膜を張ってくれる効果が期待できます。

化粧水の後に乳液を使うのには理由があります。

化粧水で肌の奥まで浸透した水分に乳液をつけることで化粧水が蒸発しないためです。

 

「保湿乳液」

保湿乳液を使う人が多いと思います。

化粧水を使うと肌がやわらかくなって潤いを与えます。

 

「UV乳液」

乳液は保湿だけではなく紫外線対策ができます。

紫外線が強い夏、仕事で外にいる人におすすめです。

 

「ティント乳液」

普通の乳液と比べて色がついているタイプです。肌を明るく見せる化粧品のことです。

 

それぞれの使い方や違い

「美容液の使い方」

  • 化粧水をつけたあとは手のひらに美容液をなじませてから両手でハンドプレスをすることが大切です。

※化粧水を肌の奥まで浸透させると美容液がなじみやすくなります。

 

  • 美容液を使う量はメーカー、種類で違うので、説明書を読んでから使うようにしましょう。

※ポンプタイプを使うときは約2プッシュを目安につかうといいですよ。

 

  • 乾燥しやすく、シワが気になる場所は一度だけではなく二度づけしたら効果が高まりますし、週1回だけではなく毎日使うことで効果が期待できます。

 

「乳液の使い方」

 

  • 肌をホットタオルなどで柔らかくしてから化粧水、乳液を使った方が肌の奥まで保湿することができます。

夜お風呂に入ったあとは肌が温まっているので化粧水、美容液、乳液を肌につけることをおすすめします。

 

  • 乳液は化粧水、美容液の後に使うようにしましょう。

乳液を先につかってしまうと化粧水の油分が肌に膜をつくってしまい、化粧水、美容液などの成分が肌の奥まで浸透しなくなるので気をつけましょう。

 

他の化粧水に比べて油分が多いので肌につけるまえに手のひらで温めると肌になじみやすくなります。

乾燥しやすい目元、口元などシワができやすい場所に乳液、保湿クリームを重ねづけしたり、顔で気になる部分に乳液をつけることで乾燥から肌を守ることができます。

※乳液を肌につけるときはビー玉くらいの大きさを手のひらに取り出してつかうと肌がクリームでヘダベタした感じにならずにすみます。

 

「肌の悩みに合わせた使い方」

 

顔に脂が多い人は、油分があまり入っていないさっぱりタイプをつかうことで肌がベタつくことを改善することができます。

Tゾーンは皮脂が多い場所です。

汗や皮脂が多い部分はたっぷりつける必要はありません。顔全体に同じ量のクリームを塗ると肌がべたついてしまうので脂が多いおでこ、鼻は薄めに塗るように心がけましょう。

 

乾燥肌、肌がデリケートな人は、肌にダメージを与えない無添加の化粧水を選ぶと肌トラブルが起きにくくなりますし、乾燥する場所は念入りに優しく何度も重ね塗りしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

美容液、乳液はそれぞれ役割が違うので間違った使い方をしないようにしましょう。

化粧水を肌になじませてから美容液、乳液をつけると肌を乾燥から守るので毎日のお手入れが大切です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です