「初め」と「始め」の違いはコレ!使い方のポイントとは?

 

言葉で相手に伝える時は、そんなに難しく考えなくても、伝える事が出来ます。

 

しかし、それを文章にして伝える事になったら、悩む事ありませんか?

特に同じ読み方をする漢字です。

意味によって使い分けをしなくてはいけない漢字は難しいですよね。

その悩まされる漢字って、ほとんどが小学生の時に習っている漢字が多いのです。

間違えると恥ずかしいですよね。

今回は、誰もが悩まされる、「初め」と「始め」の違いを紹介します。

この漢字には本当に悩まされます。

 

スポンサーリンク

「初め」と「始め」の違い!

 

「初め」が示す意味のポイント。

時間(時)に対して使う事が多いです。

今までに経験したことがない事をはじめるという、時間的な意味合いで使う言葉になります。

英語では「fast」です。

 

「始め」が示す意味のポイント。

物事に対して行動する時に使う事が多いです。

これから新しく物事を行う時や、行動を起こすなどの意味合いで使う言葉になります。

英語では「start」です。

 

スポンサーリンク

「初め」と「初め」の違いは例文で理解しよう!

 

「初め」と「始め」の意味のポイントだけだと、なかなか理解するのは難しいと思います。

代表的な例文で示す意味のポイントと一緒に、理解すると解りやすいと思います。

 

「初め」の解りやすい使い方

  • 初めから無理はしません
  • 月初めから行う
  • 初めに断る

などどれも、今までに体験した事がない事に対して、使われています。

 

「初めて」の場合

こちらははもっと解りやすいです。

  • 初めて見る事が出来た
  • 初めて文化祭に参加する
  • 商いを初めて経験した

 

「初め」と「始め」使い分けが難しい文章紹介!

 

実は、使い分けポイントをご紹介しましたが、はっきり分けられない文章もあります。

白黒つけられない、グレーゾーンってやつです。

例えば「かきぞめ」がとても解りやすいので紹介します。

 

「書き初め」

「今年最初に書く」と言う意味で使う

 

「書き始め」

「これから書きはじめる」と言う意味で使う

 

この場合、どちらを使っても間違えではありません。

 

他にも文章によって考え方の違いで、どちらを使っても正解と言う物もあります。

基本的には、使い分けのポイントだけは覚えておくと、困る事が少なくなると思いますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

日本語って本当に難しいですよね。

しかし日本人である以上、完璧とはいかないまでも、困らない程度には理解しておきたいですよね。

しかし、本当に困った時は、「ひらがな」を使っても良いのではないでしょうか?

 

例えば、

「はじめまして」は、「初めまして」と「始めまして」。

どちらを使っても間違いではありませんが、今はひらがなの「はじめまして」からはじまる文章が多いと思います。

 

グレーゾーンの漢字の使い方がある以上、間違えるより、「ひらがな」で伝える事も大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です