「脚」と「足」の違いはコレ!見分け方や名前の由来は?

 

脚、足の二つの言葉の違いについて

考えたことはありますか?

足はよくつかっていると思いますが脚はどんなときに遣えばいいのか?

不思議に思いますよね。

脚、足の違い、由来などを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「脚」と「足」の特徴とは?

 

「脚」

体を支えたり歩くときに使ったり、足のつけ根から足先まで全体のこと、虫の胴体から出ているあしも脚の漢字になります。

 

「足」

足首から下の部分でくるぶしから下、は人であれば靴を履く部分です。

 

「脚」と「足」の違いや見分け方は?

 

くるぶしより下の部分のことを漢字で足という文字になっています。

 

普段意識せずに使っていますがあしは脚とは意味が違うので言葉を理解してから使うようにしましょう。

 

脚は昔から膝から下の部分のことですが虫の時は体からはえているあし、

体を支える部分を脚と呼びます。

 

 

足…人の足で歩くときは「足」です。

脚…人ではなく物を移動するときは脚です。

人、物体の二つにわかれます。

 

足が速い、足が重いなどは人の足なので「足」の漢字をつかいます。

日本語で足はソクと読みますが、対靴を数えるときに「ソク」を使います。

 

足は移動するときに使いますが、車がないときは足がないからタクシーを使うしかない。

車がない人はバス、電車、タクシーなどを使います。

 

椅子の脚、雨脚は人以外で物なので「脚」という漢字が使われています。

※足は「そく」と読んで脚は「きゃく」と読みます。

※足、脚以外にも肢の漢字はあります。

 

体から分かれる枝の意味で、生物的に使われることがあります。

人の体は上肢、下肢書いて手とよびます。

腿の漢字は太ももやふくらはぎなどがあります。

 

スポンサーリンク

「脚」と「足」の名前の由来は?

 

「足の漢字の成り立ち」

指事文字です。

人の胴体、足から人、動物のあしを表すために「足」という漢字ができました。

例えば、動物、体から分かれている。

体を支えたり、歩くために使う。

くるぶしから足先、歩いたり走ったりすること。

雨、雲、風などの動きが足にみえる。

足がなくて移動できない、足が出る。

日本語で足という漢字をつかうときは過去の過ちを二度としない意味で足を洗うという言葉があります。

 

 

「脚の成り立ち」

会意兼形声文字です。

切った肉形、両足、手を広げた人の形と口の形がひざまずいた形から「脚」という漢字ができました。

読み方はキャク、キャです。

すね、あし全体。

物を支えている脚、歩み、歩く、通り過ぎる。

立場、身の置き場、机の脚、ソファの脚、人、動物以外の脚。

 

※指事文字は絵で表現するには難しいので状態、点、線の組み合わせた漢字の事です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

足、脚の二つの言葉は全く違ったので普段何気なく使っていたあしをよく考えてから足、脚の漢字を使いたいなと思いました。

読み方は同じでも意味、漢字の成り立ちが違うので奥が深いなと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です