子どもと一緒にひな祭り!メニューはどうする?人気のレシピ教えます!

 

3月3日は女の子のお祭り。「ひな祭り」です。

皆さんの家ではどのようにお過ごしになりますか?

家族でパーティー、お友達を招いてパーティー、とワイワイ過ごす方も多いのではないのでしょうか。

子どもの喜ぶ顔を見ていると親としてもうれしいですよね。

そこで、子どもに喜んでもらえるメニュー、自分たちもおいしいメニューのレシピを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りと言えばコレ!定番メニューは?

 

私が子どもの頃は「ちらし寿司」に「いちごショートケーキ」くらいの記憶しかないですが、定番メニューには何があるでしょうか。

 

ひな祭りには昔から続いているお祝い料理があります。

おもに春を象徴する旬の食材を使っているものが多い傾向です。

よく耳にする食べ物として「ちらし寿司」「はまぐりのお吸い物」「白酒」「菱餅」「ひなあられ」などがあります。

その代表的な料理にはそれぞれ意味が込められています。

  • ちらし寿司・・・お寿司自体、縁起がいいと言われているわけではなく、使っている具材にいわれがあるようです。えびは「長寿」、蓮根は「見通しがきく」、豆「まめに働ける」などの縁起がいい意味があります。そこに彩りでいろいろな野菜が加わり、春らしいということで定番になっています。

 

  • はまぐりのお吸い物・・・はまぐりの貝殻がぴったりと合うのは対になっているものだけ、これを相性の合う夫婦と表し、一生をこの人と添い遂げるという願いがこめられたものです。

 

  • 白酒・・・昔は桃花酒(桃の花びらを漬けたお酒)というものが飲まれていました。桃には邪気を払う、気力・体力をもたらすといういわれがあり、中国から薬酒として伝わったものです。江戸時代になると桃花酒が衰退し、「白酒」が主流になり、親しまれるようになりました。

 

  • 菱餅・・・「雪がとけて大地に草が生え、桃の花が咲く」このように言われています。それぞれの色に意味があり、緑には[健康、長寿][大地]、白には[清浄][雪]、ピンクは[厄除け][桃]を表します。菱形は心臓を表すと言われており、親が子の健康を願うなどの気持ちが込められています。

 

  • ひなあられ・・・ピンク、緑、黄、白の4色は四季を表しています。娘の幸せを願うお菓子なのですが、でんぷんが多く健康に良いことからそのように言われているようです。

 

定番メニューのレシピを紹介します。(白酒、菱餅、ひなあられは省きます。)

 

ちらし寿司(4人分)

材料

人参 1/3本

椎茸 (小サイズなら)4個

蓮根 径の大きいもので3㎝ほど

だし汁 200ml

醤油 大3

砂糖 大1.5

みりん 大1.5

ご飯 お茶碗軽く5杯

カンタン酢 適量

卵 2個

塩 少々

スナップえんどう 5個(適当で)

ボイルえび 8尾(お好みで)

サーモン お好みで

 

作り方

1~4の工程は前日に行ってください。

1 だし汁、醤油、砂糖、みりんを火にかけて沸騰させてからタッパーにうつす。

2 人参、椎茸、蓮根を5㎜角くらいに切る。

3 2をタッパーなどに入れ、レンジ500Wで5分くらい。(機種によって違うので様子を見ながら)

4 3を1の中に浸す。冷めたら冷蔵庫へ。

5 卵に塩少々を入れ、薄焼き卵を焼き、錦糸卵を作る。

6 スナップえんどうをレンジ500Wで1.5分くらい。(しなしなになりすぎないようにしてください。)

7 6を斜め切りする。

8 ご飯にカンタン酢と前日に作った4を混ぜ込む。

9 8をお皿に盛り、5、6、えび、サーモンを色よくトッピングする。

 

はまぐりのお吸い物(4人分)

 

材料

はまぐり 大8個

三つ葉 適量

花麩 8個

だし汁 600ml

酒 大1

醤油 小1

塩 小1/2

 

作り方

1 沸いただし汁にはまぐり(砂抜き済)を入れ、口が開いたらお椀に取り出す。

2 1のだし汁に花麩、酒、しょうゆ、塩を入れ、一煮立ちさせる。

3 2をはまぐりの入ったお椀に盛り、三つ葉適量を浮かべる。

 

子どもに人気のひな祭りメニューは?

 

ひな祭りの主役、子どもによろこんでもらいたいですよね。

女の子といえば、幼稚園・保育園の子も、小学生の子も「カワイイ」ものが大好きなので見た目が愛らしいもの、カラフルなものを作っていけば確実に気持ちをわしづかみにできるはず。

どのようなものを作ればいいか見ていきましょう。

 

かわいいお雛様&お内裏様 ちらし寿司アレンジ

ひな祭りらしく、お雛様とお内裏様をお寿司で作ってみましょう。

材料

上記ちらし寿司の材料

うずらの卵(ゆでてあるもの) 2個

海苔 適量

ハム 1枚

きゅうり 適量

 

作り方

1 ちらし寿司の工程1~4までは同じです。

2 ご飯に1と食べやすい大きさに切ったえびを混ぜ込む。

3 2でもとの形となるお雛様たちの体をおにぎり型に作る。

4 丸いフライパンで薄焼き卵を作り、丸の形のままお皿に取り出し、半分に切る

5 きゅうりは縦に長く薄くスライス、ハムは半分に切る

6 3に襟となるきゅうり(お内裏様)とハム(お雛様)を巻く。(おにぎりの上の部分を首と見立てて)襟がVになるようにする。

7 6に4の卵を襟がVになるように巻く。6で巻いたきゅうりとハムの色が見えるように する。

8 うずらの卵に径の大きい方を下にして、下の中央に爪楊枝をさす。海苔で髪の毛と顔をつける。(髪の毛は男女の区別がつくように巻く。巻きづらいので海苔は霧吹きでしめらしてから使うとうまくできる。)

9 8を7の首と見立てた部分にさして固定

10 9をお皿に置き、サーモンを花になるように何重か巻く。その花の下にスナップえんどう斜め切りの葉っぱを添える。

 

菱餅?そうめん(100均で売っているプラスチックカップ15個くらい)

これは菱餅カラーのカワイイそうめんです。

材料

三色そうめん(緑、白、ピンク) 2束ずつ

卵 2個

砂糖 小2

塩 少々

薬味ねぎ 2本くらい

白はんぺん 1枚

100均などでプラスチックカップを用意してください

 

作り方

1 そうめんを色がまざらないように一色ずつゆでる。しっかりと水を切ってから緑→白→ピンクの順でカップに重ねる

2 卵に砂糖と塩を入れ、錦糸卵を作る。

3 ねぎを小口切りにしておく。

4 白はんぺんを100均などに売っている花型クッキー抜き型で抜く

5 1に2、3、4をのせる。(完全にピンクを隠すわけではなく、少し見えた方がかわいいです。)

6 食べるときにめんつゆをかける。

 

フルーツカップ(4個分)

もう一つ菱餅カラーのメニューをご紹介します。

材料

ロッテチョコパイ 4個

板チョコ 1/2枚

キウィ 1個

イチゴ 3個

バナナ 半分

イチゴフルーチェ 1箱(余ります。)

牛乳 200ml

あればミントの葉 4個

 

作り方

1 ロッテチョコパイを4つとも4等分する。1カップに4個ずつ入れる。

2 板チョコを砕き、カップに入れる。

2 フルーチェをチョコが隠れない程度に流す。

3 キウィ、イチゴ、バナナを自分らしくトッピング

4 あればミントの葉をのせる。

5 少し冷やす。(冷やすとチョコの食感がいいです。)

 

スポンサーリンク

 

大人にも人気のひな祭りメニューは?

 

ママだって女です。ママもひな祭りを楽しみたいですよね。

子どものお友達とママ友とパーティーができる簡単おしゃれメニューを紹介していきます。

 

生春巻きでお寿司(4人分)

材料

ライスペーパー 8枚

酢飯 500gくらい

生ハム 4枚

サーモン刺身 8枚

サニーレタス 4枚

玉ねぎ 1/2個

マヨネーズ 適量

スイートチリソース 適量

ブラックペッパー 少々

 

作り方

1 玉ねぎをスライサーで薄切りにする。塩もみして水洗い。よく絞っておく。

2 ライスペーパーを水にくぐらせ、濡れているキッチンペーパーで挟む。

3 ライスペーパーに1つはサニーレタス→生ハム→玉ねぎ→酢飯の順、もう一つはサニーレタス→サーモン→玉ねぎ→酢飯の順にのせる。

4 3をそれぞれ四角く包む。

5 生ハムの方にはマヨネーズとブラックペッパーを、サーモンの方にはスイートチリソースをかける。

 

生春巻きはあまりうちで食べる機会がないので喜ばれると思います。

いろどりもよく、パーティーに華を添えてくれる一品です。

 

 

オシャレに手毬寿司(4人分)

材料

酢飯 3合

まぐろすき身 1パック

たくあん 少々

サーモン刺身 8枚

玉ねぎ 1/4個

いかそうめん 1パック

大葉 4枚

鯛お刺身 8枚

柚子の皮 少々

きゅうり 1/2本

梅チューブ 1個につき小指の爪半分程度

卵 1個

砂糖 小1

海苔 適量

 

作り方

1 下ごしらえ。

たくあん:輪切りを4等分し、細切りにする。

玉ねぎ:みじん切りにする。塩もみをして水洗い。よく絞っておく。

大葉:細切りにする。いかそうめんと和える。

柚子の皮:細切りにする。

きゅうり:ピーラーで薄くむき、塩水につけたあと、キッチンペーパーで水気をふく。

卵:砂糖を入れ、薄焼き卵を作る。4等分する。

2 ラップを使って丸くなるように巻く。

・まぐろすき身+たくあん

・サーモン+玉ねぎ

・いかそうめん+大葉

・鯛+柚子の皮

・きゅうり+梅チューブ

この組み合わせになるように巻く

・卵はラップで巻いて形を整えたあと、細く切ったのりで一周巻く。

 

手毬寿司にすることで上品に仕上がります。

いろどりがこちらも綺麗なのでゲストにも喜んでもらえると思います。

バタバタしなければお子さんと一緒に作っても楽しい時間を過ごせるのではないのでしょうか。

 

 

大人雛クレープ(4人分)

材料

ホットケーキミックス 100g

牛乳 200g

抹茶 5g

バニラアイス 1枚につきスプーン(大)2すくい

イチゴ 8個

 

作り方

1 ホットケーキミックスと抹茶を混ぜておく。

2 牛乳を加えてよく混ぜる。

3 ホットケーキを焼くときと同じように両面焼く。(マーブルコートなどのフライパンを中火で温めたら、濡れふきんの上に一旦置く。そこで生地を流し込んで、弱~中で焼く。油はコートなしのフライパンで、くっつきやすいようなら少量ひく。)

4 生地が冷めたら、お皿の上に銀杏の形になるように折ってのせる。

5 バニラアイスを大きめのスプーン(カレーライスとかを食べるようなスプーンです。)で2すくいして抹茶クレープの上に乗せる。

6 イチゴを半分に切り、アイスの横に並べる。

 

ひな祭りを思わせる[緑・白・赤]の菱餅カラーのデザートです。

抹茶を使って大人デザートになりました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ひな祭りレシピ、今回紹介したものはほんの一部にしかすぎませんが、パーティーを華やかにしてくれると思います。

私のおすすめは手毬寿司です!子どもと一緒にできるので楽しいですよ。

家族パーティーもお友達とワイワイパーティーも楽しく過ごせるといいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です