台所の排水溝のつまりがひどい!オススメの掃除方法や予防方法は?

 

台所の排水溝のお掃除・・・大変ですよね。

業者を呼ぶのもお金がかかって面倒だし、何か自分でできることはないか・・・と思いませんか?

業者を呼ぶ前に自分でできることもあるんですよ。

ここではその方法を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

何が原因で排水溝が詰まるの?

 

台所の水が流れなくなったりすることって誰しも経験があると思います。

排水溝が詰まる原因って一体何でしょうか?

 

 

原因①

それが全てではないですが「食べ物のゴミ」、詰まりにかかわっています。

ゴミ受けがずれていたり、故意に外していたりすると排水溝に直接ゴミが流れていってしまいます。

まずシンク下の扉をあけてパイプの太さを見てください。

例えばの話ですが、<ピーマンのヘタ&種+人参の頭+きゅうりのフチ>をそのまま流してしまったら、そのパイプの中を通れそうですか?

水流はあるので流れるかもしれませんが詰まる可能性はありますよね。

 

原因②

他の原因としては油汚れです。

まさか揚げ油を直接流してしまうなんて方はいないでしょうけど、調理に使用する油(炒め物・カレーなどを作ったフライパンに鍋、料理を乗せたお皿など)が流れていって、少しずつ排水溝の中に蓄積されてしまったものが大きなかたまりとなって水流をさまたげます。

写真を見たのですが、すごいです!

白い油のかたまりがびっしりでした。(できれば見たくなかったのですが)

 

原因③

こんなことがあるのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ティースプーンやフォークが流れていってしまって排水溝の中で悪さをしていて、そこに食べ物のゴミがひっかかり、水が詰まってしまう。

(コレ我が家でも実際にあった話なんですよ)

 

 

おすすめの掃除方法は? クリーナーだけ?

 

パイプクリーナー

詰まり解消法、私がまず思い浮かんだのがパイプクリーナーです。

有名どころは「パイプユニッシュ」。

他にも「パイプマン」とか「パイプハイター高粘度ジェル」とか「Pix強粘度ジェルタイプパイプクリーナー」などのクリーナーがあります。

 

ジェルタイプの洗剤の場合は15~30分置いた後に水で流す(とつまりは解消されます。

ひどいつまりですと一度で解消されないことがあるので(※)を数回繰り返すことをおすすめします。

 

ひどいつまりだからといって長時間置いても効果はありませんので、裏面の説明にしたがって使用するようにしてください。

(ジェルタイプ以外には粉末タイプ、錠剤タイプがあります)

 

タオルとお湯

皆さんの家にはパイプクリーナーは置いてありますか?

ちなみに我が家には常備していません。

我が家と同じ様に家にパイプクリーナーがない場合はどうしましょう。

 

そのまま放置して買い物に出かける前に自分でできることがあるので是非お試しになってください。

 

①まず、排水口の下のゴミ受けを外します。

そこには取り外せる深さのあるフタみたいなもの(トラップ)があるのでそれを外します。

 

②中にパイプが見えるのでその中にいらなくなったタオルを詰めます。

(イメージとしてはパイプにタオルでフタをする感じです。小さすぎず、大きすぎずフェイスタオルくらいの大きさがおすすめです。)

タオルはあとで引き抜くので完全に詰めないようにして、排水口からタオルが顔を出すようにしておいてください。

 

③次にシンクの半分以上お湯をためます。

70~80℃くらいのお湯です。

沸騰させたお湯ですと、配管を痛めるのでやめましょう。

 

④お湯がたまったら詰めたタオルを一気に外し、溜めたお湯を流し込みます。

 

※注意:お湯が熱いので厚手のゴム手袋やトングなどを使って火傷には十分注意してください。

 

ペットボトル

トイレが詰まったときにスッポン(正式名称はラバーカップ)を使うイメージをしてください。

タオルを使ったときにも外したトラップを外してパイプが見える状態にします。

ペットボトルの口の部分をパイプの中に隙間なく入れ、ペットボトルから空気を送り出す感じでギュッギュッと何度かつぶしてください。

トイレのときも何度かおこなうようにこちらも何度かおこなってください。

 

重曹+クエン酸

重曹とクエン酸を各1カップずつとお湯200mlを用意してください。

排水口の下のゴミ受けを外し、トラップの上に重曹を流し入れてからクエン酸を重曹の上に流し入れてください。

その上にお湯をかけます。(一気にかけないでくださいね)

全てを投入し終わったら15~30分置いてください。

そのあとにお湯で流します。

 

他にもラバーカップや真空式パイプクリーナーや配水管ブラシなどがありますが、ラバーカップが家にあったとしても大体トイレ用、ほか2つは購入しないとあまり家にないものなので身近なものでの掃除方法をあげてみました。

 

(我が家の様にティースプーンやらフォークが流れた場合は業者に連絡して見てもらった方がいいと思われます。)

 

スポンサーリンク

 

何度も繰り返したくない!普段のお手入れは?

 

家にあるもので対処できたとしても、何度もは繰り返したくない排水溝のつまり。

予防方法として何があるか考えてみましょう。

 

後片付けのときに注意すること

 

  • 食べ物のゴミ(調理中に出るもの、食べ残し)は三角コーナーに捨てる(排水溝に流さないようにする)
  • ソースなどの油汚れもキッチンペーパーや新聞などで拭き取ってから洗う(拭き取ったものはゴミ箱へ)
  • 排水口のゴミ受けには目の細かいネットをする
  • 油はシンクに流さない
  • 油汚れを洗うときはお湯を使うようにする
  • 毎日の後片付けが終わったあとでお湯を流すようにする(油汚れが付くのを防ぐために)

 

その他にできること

 

  • パイプクリーナーを使って予防する
  • 先にも紹介した重曹+クエン酸で予防する
  • 業者に来てもらって一度点検&掃除をしてもらう

(パイプクリーナー・重曹+クエン酸 どちらも月に1回のお手入れを目安に)

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

お金をかけなくても排水溝のつまりを解決できる方法。

使う道具もそんなに大がかりなものではないので試してみる価値は大きいと思います。

私の中でもこれならできると納得です。

 

排水溝のつまりはCMがやっているくらいなのでパイプユニッシュかクラシアンくらいだと思ってましたので(笑)

今回は紹介しなかったのですが、真空式パイプクリーナーや配水管ブラシを使うと更に効果が期待できそうですよね。

何度も繰り返さないためにしっかりとお手入れしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です