「ヒョウ」と「チーター」の違いはコレ!見分け方や名前の由来は?

 

「ヒョウ」と「チーター」って見た目が似ていますね。

どんなところが違うのかわかりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

「ヒョウ」と「チーター」の特徴とは?

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

「ヒョウ」の特徴

ヒョウはネコ科です。

住んでいる場所は、サバンナ、暑い場所、砂漠などで生活をしています。

体の大きさは100~150cm、体重は30~90キロあります。

体は柔らかい毛で黒い模様があり木登りが得意です。

 

「チーター」の特徴

チーターもネコ科です。

体は黄色く黒いはんてんがありますがヒョウと違うのはしっぽに黒い模様が入っていて、目から口まで黒い模様が入っています。

 

「ヒョウ」と「チーター」の違いや見分け方は?

 

それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

 

「ヒョウ」

昼間は動きますが夏場は暑いので木に登って暑さから身を守ったり、岩の隙間で休んでいます。

活発に活動するのは夕方から夜間です。

一人で生活をしていますが、たまに3匹で狩りをしています。

 

狩りをするときは音をたてずに近寄って襲って、木の上から獲物の行動を監視して木の上から飛び降りて狩りをします。

※狩る動物はシカ、うさぎ、鳥、魚などを食べます。

ヒョウは自分の体重より重い獲物を狩ります。

見掛けによらず力が強いので自分より体重が重い獲物を倒します。

 

木登りだけではな泳ぐのが上手で、獲物を狩るときは顎の力を使って80キロぐらいのシカを口にくわえた状態で木の上に上がることができます。

 

「チーター」

狩猟で少なくなっているのでし1975年にワシントン条約に記載されています。

 

草原、砂漠になっている場所などで生活をしています。

地面を歩いていることがありますが木に登ることもあります。

 

行動範囲は50~130キロを歩きます。

 

獲物を追いかけるときは2秒で時速72キロメートルの距離を走ります

 

一人で生活をしていますが自分の母親、兄弟などがいるときは小さな群れをつくります。

 

オスは他の動物から縄張りを守ります。

低い木の上、草むらなどで獲物がくるのを待っています。

肉食なのでインパラ、ガゼルなど草食動物、野生のうさぎ、鳥を捕まえます。

亡くなっている動物は食べません。

 

人に飼われているヤギ、牛、羊を襲うことがあります。

獲物を見つけるとすぐ近くまでいってから全力で走った後は獲物を倒して喉にかみつき相手が窒息するまでします。

獲物は他の動物にとられないように草がおいしげっている茂みの中に運んでから食べはじめます。

 

1966年に動物園で赤ちゃんの繁殖に成功しました。

日本は1977年に九州自然動物公園ではじめての繁殖に成功しました。

 

スポンサーリンク

「ヒョウ」と「チーター」の名前の由来は?

 

それぞれの名前の由来を調べてみました。

 

「ヒョウ」

会意文字です。

獣が背中を丸くして獲物に襲う姿、物をすくう文字など、黒くてはっきりした模様が飛び散っている様子をひょうと見えるので豹という漢字になりました。

 

「チーター」

体に斑点があるという意味なので

サンスクリット語からつけられました。

※サンスクリット語はインド、南アジアなどでつかわれていたに古代語

になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ヒョウ、チーターは見た目が似ていますがよくみると模様が違います。

ヒョウ、チーターは肉食動物なので草食動物を狩りますが共通点があります。

獲物にみつからないように音をたてずに自分より大きい動物を倒してしまうのはすごいなと思いました。

一人で狩りをするよりも仲間に助けてもらいながら獲物を狩る姿をみてみたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です