「濃口醤油」と「薄口醤油」の違いはコレ!塩分が多いのはどっち?意外な料理にも使える!

 

皆さんのご家庭では、毎日のように「醤油」を使いますよね!

子どもの頃から慣れ親しんでいる調味料です。

 

そして、醤油の中には「濃口醤油」や「薄口醤油」があるのをご存じだと思います。

 

ですが、私は今までその違いについては、

大きな勘違いで「知ったかぶり」をしていたことに気づきました…

 

今回はそれぞれの特徴や違い、その意外な使い道をご紹介したいと思います。

お料理初心者の方や、今さら聞けない主婦の方!必見です!

 

スポンサーリンク

「濃口醤油」と「薄口醤油」それぞれの特徴や違い

 

では薄口と濃口、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

濃口醤油

濃い色をしていて、濃厚な味やうま味、香りをもっています。

一般的にレシピで書かれている「醤油」とは濃口醤油のことです。

 

<料理例>

ぶり大根、すき焼き、サバの煮付け等…生臭い青魚に使ったり、肉のコクを出す料理に最適です。

 

 

薄口醤油

薄い色をしていて、素材の色やだしの風味を生かしてくれます。

塩分濃度は、濃口醤油よりも約2%高いです!

それは、塩分を加えることで、濃口醤油よりも発酵や熟成期間を短くしているために、

色が薄くなるそうです。

 

<料理例>

だし巻き玉子、茶碗蒸し、お吸い物、炊き込みご飯等…料理に使う素材の色合いや味を生かしたい料理に最適です。

 

私は、この塩分濃度の違いを知って驚きました。

昔から、お年寄りにも子どもにも「塩分ひかえめ」が基本ですね。

 

そんなことを思って「薄口醤油」を買っていた時期があったのです!焦

薄口醤油は、濃口醤油よりも薄い色をしているから塩分が低いということではないのです!

 

薄口醤油を使うということは、素材の色合いを損なうことなく、「味を生かす」ということ。

料理例として、だし巻き玉子や茶碗蒸しなどを挙げましたが、

確かに、これらの料理が濃口醤油で色がついてしまうと台無しですね。

 

ただ、塩分を控えたいという時には、

その名の通り「塩分ひかえめ」醤油や「減塩」醤油を選びましょう。

 

ちなみに、冒頭から「薄口醤油」と表記していますが、

醤油の業界では「淡口醤油」というそうです。

 

「薄口」ですと、

「(私のように)塩分が薄いんだな、これを買おう!」

 

と誤解をする人がいるからです。

 

ただ、醤油の製品棚を見てみると「うすくち」とひらがな表記の醤油がありました。

私はその醤油を買ってしまったのでした…

勘違いとは怖いものです。

 

スポンサーリンク

「薄口醤油」の意外な使い道

 

醤油の種類はたくさんありますが、

日本の醤油生産量の約80%が「濃口醤油」です。

 

「茶碗蒸しのために薄口醤油を買ったけど、それ以外はあまり使わないなぁ…」

と思っている方には是非知っていただきたい「意外な使い方」をご紹介しますね!

 

それは料理の「隠し味」に使うことです。

香ばしさや深い味わいを生み出してくれる「引き立て役」になれるのです!

 

例えば洋食には…

カレーやシチュー、グラタンにほんの少し入れると味が引き締まります。

 

また、お菓子類にも♪

アイスクリームやクッキーに入れると、塩味と複雑な味が加わり、甘味が引き立ちます!

 

他にも、日本人の食事には欠かせないお味噌汁の仕上げに入れても、

ほんのり香ばしさが加わって良いですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、濃口醤油と薄口醤油のそれぞれの特徴や意外な使い道について調べてみました。

 

濃口醤油はその色が濃く、味や香りのバランスが取れているのに対し、

薄口醤油はその色が薄く、素材の色や風味を生かしてくれるということが分かりました。

 

また、塩分濃度については、濃口醤油よりも薄口醤油の方が2%高くなります。

 

薄口醤油の意外な使い道では、引き立て役として是非入れてみてくださいね。

 

私もこれでまたひとつ勉強になりました。

私個人としては…

まず「アイスクリームの薄口醤油がけ」に挑戦したいと思います 笑

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼人気の淡口醤油はコレです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です