「晦日」と「大晦日」にはどんな違いが?年末の雑学を覚えておこう!

 

大晦日は12月31日というのはご存知の方が多いですよね。

そのことからか「晦日」は12月30日だと思っている方は多いのではないでしょうか。

実はそれ、間違っているんですよ!

 

今回は「晦日」と「大晦日」に関する雑学をお教えします。

 

スポンサーリンク

 

「晦日(みそか)」とは?

 

晦日は、はじめは「三十日」と書き、その月の30番目の日という意味です。

そこから、実際の日付には関係なくその月の最後の日を「みそか」と言うようになりました。

 

つまり、毎月の最後の日のことを晦日と言います。

2月なら28日が晦日、うるう年の場合は29日が晦日になりますね。

 

ちなみに「晦」の字は、月が隠れることを意味しています。

昔の日本は、月の満ち欠けで暦を計算していたため、この字が使われるようになりました。

 

晦日は「みそか」だけでなく「つごもり」「かいじつ」という読み方もあるので覚えておきましょう。

 

「大晦日」とは?「小晦日」ってあるの?

 

晦日は毎月の最後の日ですが、大晦日はその年の最後の日のことを意味します。

一年の最後の月の最後の日なので「大」をつけて「大晦日」といいます。

 

大晦日は「おおみそか」か「おおつごもり」としか読まないので気を付けてくださいね。

 

「大晦日」があるなら「小晦日」もあるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

「小晦日」とは、大晦日の前日を意味しています。

つまり、現在12月31日が大晦日と決まっているので小晦日は12月30日ですね。

 

この小晦日と晦日の定義の勘違いから、12月30日のことを晦日という話が広まってしまったのではないでしょうか。

 

ちなみに小晦日は「こつごもり」としか読まないので気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

大晦日にしておいた方がいいこと

 

大晦日には大掃除をしますよね。

それは、家の中のいらないものを片付けたり捨てたりして邪気を払い、歳神様(としがみさま)を迎えるために準備をするという意味があります。

 

歳神様とは、家に一年の実りと幸せを運んできてくれる神様と言われています。

玄関に門松や家中に鏡餅を飾ったりするのはすべてこの歳神様を迎えるための準備です。

実りの多い一年になるようにぜひ、大掃除をしましょう。

 

ちなみに、歳神様は新年の日の出とともに来てくれると言われています。

そのため大晦日の夜に寝ないで待つという風習がありました、これを歳籠りと言います。

 

もし寝てしまうと、白髪になる、シワができる等恐ろしいことが起きるとも言われていました。

今でも元旦に初日の出を見る人も多いと思いますが、大晦日の夜は寝ないで歳神様が来てくれるのを待つといいでしょう。

 

最近の年末年始は楽しいバラエティ番組も放送しているのでそこまで退屈ではないと思いますが、

もしどうしても眠くなってしまったという時は、「寝る」ではなく「稲積む(いねつむ)」ということにするといいみたいですよ。

 

大晦日やその前には、お正月に食べるおせち等の準備をしましょう。

1月1日から3日は、できるだけ台所に立たない方がいいと言われています。

 

お正月のために、大晦日のうちに料理を作り置きしておくといいでしょう。

最近では、豪華で見た目も華やかなおせちが売っていたり、オードブルを買うというご家庭も増えてきていますね。

 

大晦日には、家族そろって年越しそばを食べるようにしましょう。

年越しそばは、長く幸せに暮らせるように願うもので、年を越す前に食べるのが正しい食べ方です。

 

近くに寺院があるという方は、除夜の鐘を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

近くの寺院に行ってみると、除夜の鐘をつかせてもらえると思うので行ってみるといいですよ。

 

除夜の鐘は108回鳴らします、これは人間の煩悩の数と言われています。

また、除夜の鐘が終わってから新年のあいさつをするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

「晦日」と「大晦日」の違いはお分かりいただけたでしょうか。

正しく理解して、大晦日には風習にならって大掃除や年越しそばなどを食べると、きっと素敵な一年になりますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

▼「年越しそば」は本場・安曇野産で決まり!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です