「ストール」と「マフラー」の違いはコレ!それぞれの定義とは?

 

冬になって、気温も下がり首元を暖めて置いた方が良い季節がやってきました。

そこで今回はマフラーとストールの違いに触れて、記事を書いていきます。

意外な違いがあるかもしれませんので、掘り下げて行きます。

 

スポンサーリンク

「マフラー」と「ストール」の素材の違いは?

マフラーの素材で一番ポピュラーな物は、ウールです。

これはデパートやユニクロなどのファストファッション店でも手に入ります。

カシミヤ、モヘヤ、アルパカ、等があります。

 

化学繊維などもありますが、人によっては首元が痒くなる人もいます。

そのためその人によっては自分の肌と相談して購入する人もいます。

 

毛皮系のマフラーとしては、ウサギや羊やラクーン、ミンクなどがあります。

どれが暖かいかは試着してみるとわかるかもしれませんね。

 

ストールの素材としては化学繊維と天然素材が存在します。

植物繊維の種類は、綿と麻等があり、動物繊維では羊や絹や羽毛があります。

マフラーと比べると素材は少ないそんなイメージを抱いてしまいますよね。

ストールは17世紀には既に存在していたと言う話もあります。

 

ショールが簡略化した物ではないかという考え方もあり、マフラーもストールも歴史は相当古いと思います。

 

スポンサーリンク

「ストール」と「マフラー」の値段の違いは?

ストールの値段をインターネットで検索すると、概ね価格に幅があり下は5000円位から10万円近い物まであるようです。

やはり素材がレアものだったりした場合は値段も跳ね上がるみたいですね。

 

季節の変わり目に自分に対するご褒美として購入するまたは、プレゼントして買う場合などは金額は当然跳ね上がるだろうと考えてしまいますよね。

普段自分が使う文には色やお財布と相談する感じがあります。

 

マフラーの値段は、ストールよりも世間に浸透しているせいか価格帯はかなり低く、一番高いところで5万円台後半、安いと3千円台まであります。

高校生や中学生のお小遣いでも変えるぐらいの価格設定ですね。

 

季節商品であり、気温が下がってくれば必ずある程度売れる商品と言うことで、それだけ種類もたくさん存在するのかもしれませんね。

しかしながらファッションアイテムとして学校の校則などでマフラーしかお洒落のポイントがないと言う場合など、重要なアイテムになる可能性は高いです。

 

「ストール」と「マフラー」の定義は?

ストールは肩に掛ける衣服のこと、この定義を考えると暖めるという事よりも見せるための物、特にファッション性が高いのかもしれませんね。

ドレスなどと組み合わせると良いアイテムなのかもしれません。

 

マフラーは防寒用つまり、寒さ対策のアイテム最初から寒さを避けるために製造されており、ストールとはやはり立ち位置が違う、そんなイメージがあります。

確かに素材もマフラーの方が素材が厚く、ストールが薄いそんなイメージがあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マフラーは防寒用、ストールはファッション用という立ち位置が

今回の記事を書いてはっきりしたような気がします。

しかし今後、マフラーとストール兼用みたいなアイテムが出てくる可能性がありますね。

 

ファッションに詳しくない人でも、マフラーとストールの違いがわかれば

いつか世間話で使えるかもしれません。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼「サーモギア」使用でチクチクしないおすすめマフラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です