車の正月飾りはいつまで付けているのが一般的?適切な外すタイミングとは

 

鏡餅に門松やしめ縄等、玄関や家の中にはお正月飾りを飾る人が多くいると思います。

最近はあまり見かけないかもしれませんが、車の中にもお正月飾りを飾る人もいるのではないでしょうか。

その飾りは、いつまで飾っていてもいいのか、適切な外すタイミングについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

車の正月飾りを飾る期間

 

玄関や車の正月飾りを飾る期間は、クリスマスが終わった時期から年を越す前に飾るのが一般的だと思いますが、

お正月飾りを飾る時期として一番適切だと言われているのが、12月28日です。

 

それは、8は日本では「八」、末広がりとして好まれる数字だからです。

逆に、9という数字は「苦」という字が当てられるので、避けた方がいいでしょう。

 

また、31日に正月飾りを飾るのが良くないのは、「一夜飾り」という考えがあるからです。

「一夜飾り」とは、お葬式などで用いられる一晩だけの飾りのことで、縁起が悪いとされています。

 

このことからお正月飾りは、12月29日、31日を避け、縁起のいい日として28日から飾るのが一番いいでしょう。

 

正月飾りはいつまで飾るのかですが、これは「松の内」に飾るのが一般的とされています。

しかし、地域のよってこの「松の内」の考え方が違うのです。

 

関東地方では、1月7日に七草粥を食べた後に片付ける、関西地方では1月15日の小正月の後に片付ける、と言われています。

 

それではなぜこのように差が出てしまったのか、それは江戸時代までさかのぼります。

江戸時代の前まで、1月15日までの正月飾りを飾っておく期間のことを「松の内」と呼んでいました。

そのころ幕府から「7日を以って飾り納めをする」という通達がありました。

 

しかし、その頃は情報の伝達がスムーズではなかったため、関西地方では15日に飾りを片付けるという風習が残ったままになってしまったようです。

それが現代まで受け継がれ、関東地方では1月7日、関西地方では1月15日に正月飾りを片付けるのが一般的になりました。

 

スポンサーリンク

 

正月飾りはなんのために飾るのか

 

お正月飾りには様々なものがありますが、なんのために飾るのかご存知でしたか?

お正月飾りは、歳神様という神様を迎えるために飾ると言われています。

大掃除をするのも同じく、家をきれいにして歳神様を迎えるという意味があります。

 

しめ縄は、歳神様に来てもらうための目印とも言われています。

車にしめ縄を飾るのは、一年無事故で過ごせるように、交通安全の祈願をするものだそうです。

そして、車にも神様に来てもらえるようにとの意味があります。

 

ちなみに、大掃除をするのも、家の中を綺麗にして一年の厄を払い、歳神様を迎えるという意味があります。

家の中を綺麗にして、飾りつけをして、歳神様を迎えたいですね。

 

正月飾りはどこで売っているのか

 

車に取り付けるものなのでカー用品店を見に行きがちですが、あまり見かけることが少なくなりました。

車に取り付けるお正月飾りは、スーパーやホームセンターのお正月コーナーで販売しています。

自宅用のお正月飾りの隣等に売っていることが多いので、見てみてくださいね。

 

また、あまり物は選ばない、家に届いたらいいなという方は、楽天やAmazon等のインターネットショップでも販売しています。

かなり安く取り扱っている場合もあるので確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

車にお正月飾りを飾ることで、歳神様を迎え、一年安全に過ごすことができるという習慣があったことはお分かりいただけましたでしょうか。

車に飾るお正月飾りだけではなく、お正月飾りには飾り方や飾る期間など、細かい習慣があります。

 

場所によっても違ってくるので、自分が住んでいるところのルールに沿ってお正月飾りをしてみましょう。

正しくお正月飾りを飾ることで歳神様が素敵な一年を運んできてくれることでしょう。

車のお正月飾りで一年安全に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です