「おにぎり」と「お結び」の違いはコレ!それぞれの意味や使い方

 

おにぎり、お結びはどんな違いがあるのか?

二つの言葉の意味、使い方について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

「おにぎり」とは

 

炊飯器でたいたご飯に塩で味をつけたり昆布、おかかなどの具を入れたら三角形、たわらの形、丸い形などを手のひらでぎゅうぎゅう握ったおにぎりのことです。

おにぎりは作りおきができますし、手づかみで食べられて持ち運びも便利なので昔から日本で非常食、お弁当として親しまれています。

今はコンビニ、スーパーなどでおにぎりは売られていますし、日本だけではなく外国でもおにぎりを食べる人が増えていますし、日本に住んでいなくても手軽におにぎりを買うお店があります。

 

「お結び」とは

 

家庭ではおむすびを御結び、握り飯と呼びますが、むすび、握りなどと呼ぶときもあります。

 

西日本はおにぎりで東日本はおむすびと呼ぶそうです。

東京は昔はおむすびでしたがおにぎりとよぶようになったそうです。

青森では握りまま、栃木ではおにんこ、和歌山はにんにこだそうです。

 

スポンサーリンク

おにぎりの由来、違い

 

「おにぎり」の由来とは?

平安では屯食(とんじき)と呼んでいたそうです。

おにぎりの形は大きめの楕円形(1合半)で米粒ではなくもち米で作っていたそうです。

 

鎌倉時代にはもち米からうるち米でおにぎりを作ったそうです。

ご飯を握ったり焼いて表に海苔を貼りつけるようになったのは海苔の養殖するようになったときです。

浅草海苔は江戸時代以降に作られるようになりました。

海苔は栄養があるのでおにぎりに貼ったら手が汚れることなく食べていました。

※おにぎりは鬼を切るに似ているので、魔よけの効果があり、昔の日本人は山を神と例えて、その力を授かるためにお米を神の形に握ったことがきっかけで三角形に作ったという説があります。

 

戦争などで相手と戦うときは携帯用の食事として食べられました。

 

日本の陸軍は麦ご飯を1合ずつたいて手で丸い形に握って1食は2個ずつ持っていたそうです。

 

ただ暑い場所だとおにぎりはすぐ腐ってしまうのでおにぎりにかわる携帯用のご飯てして乾パンなどどんな気候でも食べられる非常食を作られました。

※乾パンは携帯できるご飯として作られた固く焼いたきビスケットです。

 

缶に入っている乾パンもあります。糖分を補うため唾液を出やすくするために氷砂糖、こんぺいとうなどが入っているものがあります。

 

乾パンの材料は砂糖、塩、小麦粉など必要な物を入れて発酵させたら140~150℃で焼きます。

口の中に入れると硬くてビスケットですが何度もかみつづけると甘さを感じて美味しいです。

 

 

「お結び」の由来とは?

おむすびの言葉は御所の女房言葉だったそうです。

おむすびは三角の形だと思いがちですがおむすびの形と言われることも多いそうです。

 

「おにぎり」と「お結び」の違い

丸形で海苔をご飯全体を覆うのがおにぎりで、三角で乾いたパリパリの海苔が少し巻いてあるのがおむすびだそうです。

おにぎりは三角形、たわら形などなんでもいいですがおむすびは三角形だそうです。

米を手で握って固めたのをおにぎりとよんでおにぎりをわらで巻いて携帯用にしたのがおむすびという説もあります。

 

遺跡から出てきたおにぎり

 

杉谷チャノバタケ遺跡に1987年の12月おとずれると、おにぎりと思われる米粒の塊が土の中から出てきたそうです。

土の中から出てきた炭になった米には人が手で握った痕がみつかったそうです。

北金目塚越遺跡からおにぎり状に固まった炭になった米がみつかりました。

2009年12月10日には横浜市都筑区の港北の古墳時代後期の遺跡からお弁当箱の中におにぎりの塊がみつかりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

おにぎり、お結びは似ていますがお米を海苔で覆っているのはおにぎりでお結びはのりがお米についているのが違いだとわかってよかったです。

おにぎりには歴史があって勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です