1000年の伝統「お屠蘇」の意味・原料・作り方は?気分が出る飲み方とは

 

お正月にはたまに目にする紅い器に入った「お屠蘇」はどんな意味があるのか、何からできているのか、気になったことはありませんか?

今回は、「お屠蘇」の由来から作り方、そして正しい飲み方までご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

「お屠蘇」とは?

 

「お屠蘇」は「おとそ」と読みます。

漢字の意味から「お屠蘇」の意味をご紹介します。

 

「屠」は屠る(ほふる)と読み、邪気を払うという意味があります。

そして「蘇」は蘇らせる(よみがえらせる)と読み、魂をよみがえらせるという意味があります。

 

つまり、お屠蘇を新年の初めに飲むことで、邪気を払い

一年を健康に過ごせますように、という意味が込められているのです。

 

もう一つの解釈として、「屠」を屠る(ほふる)とするのは同じですが、

「蘇」を病気をもたらす鬼として、「お屠蘇」は病気をもたらす鬼を退治するという解釈もあるようです。

 

どちらにしても、一年健康に過ごせるように祈るものであることには変わりないですね。

 

「お屠蘇」の由来

 

お屠蘇という感じや読み方は日本ではなかなか聞きなれないように思いますよね。

お屠蘇は平安時代に中国から日本へ伝わったと言われています。

 

最初は中国のお医者さんが風邪の予防のためにたくさんの生薬を混ぜて作った飲み物でした。

それが、平安時代に宮廷内でお正月に飲むようになり、その後一般紙庶民にも広く親しまれるようになりました。

 

お医者さんが生薬を入れて作った飲み物という点からもわかるように、身体にもとてもいいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

お屠蘇の原料となるもの

お屠蘇に使われている主な生薬をご紹介します。

聞きなれないものばかりだと思いますのでその効果とともにご紹介しますね。

 

山椒(サンショウ)

これは、日本でもかなり馴染みがあるものではないでしょうか。

胃を健康にする作用と抗菌作用があります。

ウナギのかば焼きにかけるのは抗菌作用を期待しているからと言われています。

 

陳皮(チンピ)

これは聞きなれないかもしれませんが、みかんの皮のことです。

胃を健康にする作用、吐き気を抑える効果があります。

柑橘系の香りって気分をすっきりさせてくれますよね。

 

桔梗(キキョウ)

秋に咲くキキョウの花は見たことがあるのではないでしょうか。

そのキキョウの根の部分を干したものです。

鎮痛作用や、咳や痰を抑える作用があります。

 

白朮(ビャクジュツ)

キク科オケラまたはオオバオケラの根です。

胃を健康にする作用、利尿作用、鎮静作用があります。

 

防風(ボウフウ)

セリ科ボウフウの根を乾燥させたものです。

発汗を促してくれるので解熱作用があり、抗炎症作用もあります。

風邪をひいた時予防したいときにぴったりですね。

 

肉桂(ニッケイ)

ニッケイという木の樹皮を干したものです。

シナモンと言われると親しみがあるのではないでしょうか。

胃を健康にする作用、解熱作用、鎮静作用があります。

 

これらの生薬の作用を見てみると

胃腸の働きを助けてくれて、血行もよくなり

風邪の予防にぴったりということがお分かりいただけたでしょうか。

 

「お屠蘇」として飲む場合には少ししか飲まないのであまりその効果は期待されません。

しかし、一年の健康を願うものなので、たくさん飲めばいいというわけではありませんよ。

逆に、たくさん飲みすぎると持病の悪化なども考えられるので気を付けてくださいね。

 

お屠蘇の簡単な作り方

 

こんなにたくさんの生薬が入っているものを家庭で作るのは難しいと思っていませんか?

実は「屠蘇散」というものがあれば簡単にできます。

 

「屠蘇散」と言うと聞きなれないかもしれませんが、お正月の時期になると一袋200円前後で販売されています。

お近くのスーパーやドラッグストア等で探してみてくださいね。

 

材料は以下の3つだけです。

  • 屠蘇散
  • 日本酒
  • 本みりん(料理用のみりんだと塩分が入っているので本みりんをおすすめします)

 

日本酒と本みりんを合わせて300mlにします。

この時日本酒が多いと辛く、本みりんが多いと甘くなるので、お好みで作ってみてくださいね。

 

そこに屠蘇散を7~8時間程漬け込みます。

その後屠蘇散を取り出して完成です。

 

日本酒と本みりんの量が多い時は長めにしてみてくださいね。

しかし、長くしすぎると濁ってしまったりするので様子を見ながらつけてみるといいでしょう。

 

一般的なお屠蘇の飲み方

 

お屠蘇の基本的な飲み方について順を追って説明します。

 

  1. 若水(元旦の早朝に汲んだ水)で手を清めます。
  2. 神棚や仏壇に向かって拝みます。
  3. 家族で新年のあいさつをします。
  4. おせちなどを食べる前にお屠蘇を飲みます。

 

地方によっては飲む前に唱える文句があったり、飲む順番があったりしますので

確認してみるといいですよ。

 

ちなみに、お屠蘇は家族だけで飲むものではないことは知っていましたか?

新年のあいさつなどで来客いただいた方にも、「一年健康に過ごせますように」とお屠蘇をふるまってあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

作り方を見てもわかるように、お屠蘇はお酒です。

なので、未成年の方や、車を運転する予定のある人は飲むフリをするだけにしましょう。

お酒は20歳をすぎてからですよ!

 

お屠蘇は簡単に作ることができます。

お正月にお屠蘇を飲んで、一年健康に過ごしましょう。

 

 

▼最高の正月気分!人気の「屠蘇器」はこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です