「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いはコレ!由来はフライ「パン」?

 

今回はパンケーキとホットケーキの違いはどこにあるのかについて、書いていきます。

ホットケーキというと、洋食屋や喫茶店の定番メニューとして入っているところも多く、かたやパンケーキは20代の女子を中心にBUZZった感じがあります。

 

スポンサーリンク

パンケーキとホットケーキの作り方の違いは?

 

ホットケーキの作り方は、ボウルに強力粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れ泡立て器で混ぜます。

その後玉子と牛乳を混ぜて解し最初のボウルに入れて混ぜ合わせます。フライパンに混ぜ合わせたのを流し込みます。

 

好みによって事前に油をフライパンに敷いても構いません。

3分ほど弱火で加熱しぷつぷつと音を立ててきて表面に穴が空いたら、裏返す。

表面がきつね色になってきたら器に移して出来上がり、好みによってトッピングをしても全然OKです。

 

パンケーキの作り方ですが、調べてみましたがホットケーキとの作り方の大差はありませんでした。

少し違うところと言えば作る家庭や人によって、トッピングや具の中に練り込む物が違うのかもしれません。

 

作り方の視点から見ると、パンケーキもホットケーキも大差が無いようです。

 

パンケーキとホットケーキの定義の違い?

 

パンケーキの定義は、フライパンのパンから来ているという説が有力で、また定義として

デンプン質をふくんだ生地をフライパンの上で焼くことにより、それはパンケーキになるというのがパンケーキの定義です。

 

また、パンケーキは朝食の一部として食べるものと考えて居る節もあります。

ではホットケーキはどうなのでしょうか?蜜やバターなどを使っているため、おやつや間食若しくはデザート系と捉えている人もいるようです。

 

もう一つの考え方として、甘いのがホットケーキ、味がないのがパンケーキと捉えると違いがわかるかもしれません。

 

スポンサーリンク

パンケーキとホットケーキの成り立ちの違い

 

ホットケーキは明治時代に、日本では紹介されて当時はどら焼きと混同されているような書物もあるようです。

今のような味では無かったと言えますね。

その後洋食店や喫茶店などで軽食として扱われ、プレーンホットケーキ。

基本的にバターとメイプルシロップまたは、蜂蜜などを付けて食べるものです。

 

また土地によってはあんこやバナナやチョコレート、生クリームなどをトッピングするホットケーキも存在します。

また、最近では抹茶をパウダー状にしてホットケーキに掛けるバージョンもあり、好みにより振り幅が相当大きいのが事実ですし、ネット検索を掛ければ様々なレシピが出てきます。

 

かたやパンケーキは、作り方もホットケーキとほぼ変わらず飲食店によってはパンケーキもホットケーキも同じ物として顧客に提供しているようです。

また、パンケーキがブレイクしたきっかけはエッグスンシングス等が日本に進出し、現在のパンケーキのブームの火付け役とも言えます。

 

そのためマスコミがパンケーキを取上げて現在のブームとなっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

パンケーキとホットケーキの違いは使っている材料も大差がありませんし、敷いて言えば甘いか甘くないかがホットケーキとパンケーキの違いである事ぐらいです。

そこを理解しておけばパンケーキとホットケーキの違いを人にも説明できると思います。

 

▼朝食に「九州パンケーキ」はいかがですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です