冷凍以外で餅のオススメ保存方法はコレ!水でも大丈夫って本当?

 

お正月にお餅をたくさん食べたけれど、まだ余っていてどうやって保存したらいいのか分からない・・・

という方も多いのではないでしょうか。

今回は、余ったお餅の冷凍以外の保存方法をご紹介します。

 

冷凍以外の基本の保存方法!水でも大丈夫?

 

冷凍せずにお餅を保存したいときの基本としては、空気に触れないようにすることが大切です。

空気に触れるとカビが生えやすくなります。

カビが生えてしまったお餅や温めたり焼いたりしてもカビ臭さが残ってしまい、おいしく食べることができません。

 

カビが生えないようにするにはまず、ラップなどで空気が入らないように包みましょう。

そして、保存容器はアルコールで拭くなど、きれいにしてから使用するようにするといいですよ。

 

お餅をよく食べるシーズンなんかも、この方法で保存しておくことをおすすめします。

しかし、この方法はあまり長い期間の保存には向かないので、

長持ちさせたいけど、冷蔵庫や冷凍庫の邪魔にならないような保存方法がいいという方は以下の保存方法を試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

からしやワサビと一緒に保存する

 

長持ちさせるためのコツとして、からしやワサビと一緒に保存するという方法があります。

しっかりと保存すれば、常温でもある程度は長持ちします。

 

タッパなどの保存容器を綺麗にした後、お餅を入れます。

そして、アルミホイルなどにからしやワサビをいれて、お餅に直接は触れないように一緒に保存します。

 

からしやワサビの量は、チューブで1~2cm程で大丈夫ですよ。

しっかり密閉して保存するようにしましょうね。

また、直射日光や温かい部屋に置くのは避けましょう。

 

水に浸けて保存する

 

次にご紹介するのは水につけて保存する方法です。

水に浸けて保存するときのポイントは、毎日水を交換することです。

きちんと保存すれば1か月~数か月持つと言われています。

 

水はお餅が出ないように、きちんとかぶるくらいの水を入れるようにしましょう。

またこれも、直射日光や温かい部屋に置くのは避け、涼しい場所に置いておくようにしましょう。

 

水に入れて保存した場合は、お雑煮やおしるこなどに入れて食べるとおいしく食べられますよ。

 

スポンサーリンク

 

使い捨てカイロと一緒に保存する

 

使い捨てカイロと一緒に保存する方法は知っていましたか?

使い捨てカイロは、空気中の水分と酸素を取り込んで発熱する仕組みです。

なので、保存容器に一緒に入れておくことで保存容器の中を酸素の少ない状態にしてくれます。

 

保存方法はいたって簡単です。

使うのは、貼って使えるタイプの使い捨てカイロです。

 

まずは綺麗な保存容器にお餅を入れます。

次に、使い捨てカイロを袋から取り出したら、振らずに保存容器のふたに貼ります。

あとはふたをしっかり閉めて保存するだけです。

 

使い捨てカイロを振らずに貼ることがポイントですね。

とても簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

天日干しで乾燥させて保存する

 

これは少し手間のかかる方法ですが、きちんと保存すれば半年~1年も長持ちします。

お餅を薄く切り、風通しのいい場所で天日干しにし、しっかり乾燥させます。

 

その後袋などに入れ保存しましょう。

この時、海苔やお菓子などに入っている乾燥剤を一緒に入れるとより長持ちしますよ。

長く保存したいというときはこの方法が一番いいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

お餅はいろいろな食べ方があり、重宝しますよね。

しかし、ちゃんと保存しないとカビが生えてしまい、おいしく食べることができません。

 

使い捨てカイロを入れるだけ、からしやワサビと一緒に保存するだけなど

ご家庭にあるもので簡単に長持ちさせる方法もあるのでぜひ試してみてくださいね。

 

正しく保存して、おいしくお餅を食べましょう。

 

 

▼やっぱりお餅は新潟産!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【角餅】新潟産こがねもち 12枚入(570g) シングルパック【送料別】
価格:810円(税込、送料別) (2017/10/29時点)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です