「値段」と「価格」の違いはコレ!似てるけどいったい何が違うの?

 

「値段」「価格」この違いを知っていますか?

普段スーパーなどで買い物をしている時、「値段」と「価格」の言葉を良く目にしますよね。

しかし、「値段」と「価格」の表示より、買い物に行ったときに一番気がかりなのが・・・

商品の金額ではないでしょうか?

 

それは当然な事だと思います。(私も同じです)

いかにお買い得で、安くなっている商品をゲットできるかが勝負の分かれ道。

 

でも、ちょっと待ってください。

「値段」と「価格」の表示の違いぐらいは知っておかないと、もしかしたら、損をしているかも?しれない・・・

と言う事で、原点に戻り、「値段」と「価格」の違いを、ちゃんと理解してみようと思います。

 

スポンサーリンク

「値段」と「価格」何が違うの?

 

「値段」とは

商品の価値を示す言葉になります。

例えば、スーパー側が商品を売る時に金額を表示します。

その金額の事を「値段」と言います。

 

「価格」とは

商品の値打ちを示す言葉になります。

例えば、価格でよく耳にするのが「生産価格」ですが、商品に対して生産者の利益(利潤)を加えた金額になります。

「えっ?だから何が違うの?」と誰もが感じたと思います。

私的に解りやすく説明させていただきたいと思います。

 

値段 → 個々による取引金額

(スーパー側から、この金額で私たちに提供します。と示している金額です。)

 

価格 → 一般的な相場

(一般的に売られている金額です。)

 

この説明を聞くと、なら、値段で表示してある方がお得な様な気がしますが、

「値段」も「価格」も基本的には同じ事柄を指している言葉になります。

注意したいのが、「お値打ち価格」の表示です。

これは、価値のある商品が安い値段になっていますよ。

と言う意味で使われる事が多いです。

 

スポンサーリンク

ついでに覚えておきたい「金額」「料金」「費用」について!

 

金額・料金・費用なども似ていて同じような言葉ですよね。

ここではそれぞれどういう意味なのか説明していきます。

 

「金額」とは

「値段」や「価格」などの表示の数を表しています。

(商品をお金の量で表した数字)

この場合、売り手側も買い手側も「金額」と言う言葉は使います。

 

「料金」とは

何かを利用した時に支払うお金や、何かに入る時に支払うお金などの事を示す言葉となります。

例えば、「入場料金」とか「サービス料金」とかです。

 

「費用」とは

商品を買ったりして、物として残る時にも使いますし、サービス料など、物として残らない場合にも使います。

「必要なお金を支払う」時に使う言葉となります。

言い方を変えると、「代金」という言い方もします。

「必要な代金を支払う」と言いますよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「値段」「価格」「金額」「料金」「費用(代金)」と説明させていただきましたが、

お金に対して色々な意味での、表現の仕方がある事が解ったと思います。

私達にとって大事な事は、いかに安くお金の支払いを済ませる事が出来るか!

と言う事になるのではないでしょうか?

それには、売り手側から発信される、言葉の使い分けの理解が重要となります。

特に、日頃から「値段」と「価格」の表示の仕方には、意味を理解して購入する事が重要となると思います。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です