「首相」と「総理大臣」の違いはコレ!「大統領」との違いも知ろう

 

「首相」と「総理大臣」の違い、ちゃんと説明できますか?

私は子供からの質問に悩みました。

 

自分が思っていた事と違うと困りますからね。

間違った事は教えられませんから、宿題にしてもらい、調べてみました。

 

首相と総理大臣の違い、なぜ首相と総理大臣って言い方があるのか?

じゃあ大統領って何だ?

 

など、調べてみましたが、複雑に説明されても余計に解らなくなるので、解りやすい言葉でまとめてみました。

 

スポンサーリンク

「首相」と「総理大臣」の違いとは?

 

首相と総理大臣と言う言葉がありますが、同じ人物を指す言葉だと言う事は知っていますか?

ここが改めて聞かれると、「あれっ?」って思ってしまう時があります。

 

総理大臣の正式名称は、内閣総理大臣。

首相と言うのは、内閣総理大臣の通称。

どちらも英語では「Prime Minister」(プライム ミニスター)と呼ばれます。

 

日本では、内閣総理大臣を選ぶ時、国民投票では選ばれませんよね。

国会の決議により国会議員の中から、指名されて選ばれます。

 

国会の決議で指名すると言う法律によるものです。

憲法で定められているからです。

 

行政の担当大臣の中のリーダー的存在になります。

 

スポンサーリンク

「首相」と「総理大臣」の使い分けポイント!

 

法律上、内閣総理大臣が正式名称と言う事で、日本官職名と言う事になります。

海外では、行政のトップを首相とか大統領と呼びます。

 

つまり、日本国内では内閣総理大臣ですが、外交などの海外が相手の時は世界共通の言い方の首相となります。

首相がいる国はどの国も、議会で選ばれています。

 

これは民主主義の基本で、三権分立の考え方によるものです。

 

「三権分立ってなんだっけ?難しそうで良く解らない。」

と言う方にも解りやすくサラッと説明しますね。

 

三権分立とは?

 

三権分立とは立法・行政・司法の三権のことです。

 

立法 → 法を作るところ(国会)

行政 → 法をもとに、国民が幸せに暮らせる様にするところ(内閣)

司法 → 法がちゃんと守られているか判断するところ(裁判所)

 

三権の一番偉い人は、

 

立法 → 衆議院議長

行政 → 内閣総理大臣

司法 → 最高裁判所長官

 

三権の一番偉い方達のトップが内閣総理大臣になります。

三権分立によって、一人の権力者(支配者)を作らず、バランス良く物事が行われる様になっているのです。

 

では大統領とはどんな人?

 

首相と言う言い方ではなく、大統領と言われている国もありますよね。

英語では「President」(プレジデント」と呼ばれます。

 

大統領の場合は、選ばれ方にかなり違いがあります。

アメリカ合衆国で大統領を決める時って、日本でもかなり話題になるので知っていると思いますが、国民投票で決められて国の代表となります。

 

大統領がいる国は、国家元首が存在しません。

 

日本の場合は、首相がいて国家元首がいます。

国家元首は天皇陛下の事です。

 

首相は国家の最高責任者となりますが、日本のトップと言うわけではありません。

日本で一番偉い人は天皇陛下になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

国によって、首相だったり、大統領だったりまたは、首相も大統領も存在する国もあります。

一つ一つの国を理解するのはかなり難しく、その国での役割まで理解する必要があるからです。

しかし自分の国だけでもしっかり把握しておきたいですよね。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です