「ラーメン」と「中華そば」の違いはコレ!実は以外なルーツが?

 

ラーメン美味しいですよね!

美味しいラーメンを食べて店を出た時、ふと、看板を見たら「中華そば」と書いてある事ありませんか?

そんな時、「あれっ?ラーメンを食べたのに中華そば・・・そば?」なんて事思いますよね。

これは日常的によくある小さな疑問。

この疑問をそのままにするのではなく、雑学としての知識を一緒に増やしてみませんか?

 

スポンサーリンク

ラーメンと中華そばのルーツ!

 

ではまずそれぞれのルーツを見ていきましょう。

 

ラーメン

「支那(しな)そば」が函館に伝わり、 函館の人々が「チャンコロそば」と呼んでいました。

ですが中国人を侮辱する言葉になると言う事から、好了(ハオラー、できたよー)と叫んでいる中国人の言葉を聞いて、ラーの言葉が耳に残り、「ラーメン」という言い方が誕生したそうです。

「ラーメン」の呼び方が全国的に広まったのは、世界初のインスタントラーメン(チキンラーメン)が、昭和33年に発売され人気商品になったからだと言われています。

チキンラーメンは今でも人気ありますよね。

裏切らない美味しさで、たまに無性に食べたくなります。

 

中華そば

戦後の食糧難時代がまだ続いていた昭和20年代。

この時代も外食出来る場所がありました。

大衆食堂かおそば屋です。

栄養価が高い小麦粉の麺を使った「そば」がとても人気があり、そばつゆを中華風にした物も提供するようになった事から、それを「中華そば」、普通の「そば」を「日本そば」と呼び区別するようになったと言われています。

呼び方が「ラーメン」になるまでに色々変わって来ていますので、ご紹介します。

 

明治初期 → 南京そば

明治中頃 → 支那そば

戦後   → 中華そば

昭和33年 → チキンラーメンがきっかけで全国にラーメンが広がる

 

スポンサーリンク

ラーメンと中華そばの違いは何?

 

これが「ラーメン」これが「中華そば」と言う事ではなく、「ラーメン」も「中華そば」も同じ食べ物を指している言葉になります。

ラーメンの場合、中華そばに色々な改良がされて誕生した。

と言った感じです。

 

その為、バリエーションが多いです。

麺の細さや、スープの種類、麺とスープに合う様々な具材。

例えば、ご当地ラーメンはありますが、ご当地中華そばと言う物はないと思います。

それは、その地方の魅力を出すために改良されているからです。

 

中華そばの場合、昔ながらの味。と言った感です。

中華そばと呼ばれた時に、そばつゆを中華風にした感じのスープなので、基本カツオと昆布のだしを利用し、あっさりとした味の物です。

しょうゆ味しかない店の名前に「中華そば」と、書かれている事が多いと思います。

また「中華そば」にこだわりがある店主の店のメニューには、しょうゆ味は「中華そば」と書かれていますが、味噌・塩などしょうゆ以外の味の名前には、「ラーメン」と書かれている事が多いみたいです。

スポンサーリンク

まとめ

ラーメンと言う食べ物の中に、中華そばと言う種類がある。

と考えても良いかもしれませんね。

日頃私にはこだわりが無く、その日の気分で味を決めるので、ラーメンを食べる事が多いのですが、次は昔ながらの中華そばを食べてみたくなりました。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼楽天で8000件以上の「★5」のラーメン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です