断食する必要なし!「正月太り」を解消するなら鍋料理がおすすめ!

 

お正月はおいしい食べ物がいっぱいで、ついつい食べ過ぎて気づけば思った以上に太ってしまう事もありますよね。

これでは会社に出勤したら笑われるかも・・・食べるのやめようかな?

なんて無理して食べないダイエットすると、リバウンドのおそれがあります。

でもご安心を!

今回は食べてもいいダイエット方法をご紹介していきますね!

 

スポンサーリンク

 

正月太りには、野菜が1番

 

野菜はカロリーが低くてダイエットには向いている食材と言われていますよね。

「なんで野菜にはダイエット効果があるの?」

野菜には食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は便秘解消してくれて血液循環を上昇させ代謝がよくなり痩せやすい体を作ってくれたり、血糖値が上がらないようにインスリンがでてくるのを押さえて脂肪をつかないようにしてくれます。

 

「インスリンって?」

 

インスリンは血糖値が上がると出てきて血糖値を一定量に保ってくれるホルモンです。

 

野菜の中には血糖値を上げてしまう野菜があります。

血糖値が上がると脂肪が付きやすくなってしまいますでもどの野菜が血糖値を上げてしまう野菜なのか分かりませんよね。

そこでここからは血糖値を上げてしまうダイエットの対敵になってしまう野菜を紹介していきますね。

じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、とうもろこし、さといも、さつまいも

これらの食材はたくさん食べると肥満になってしまいます。

 

「じゃあ、ダイエットに向いている野菜は?」

 

キャベツ、レタス、トマト、もやし、きゅうり、セロリ、ブロッコリー、アスパラガス、白菜、アボカド、きのこ類、大根、玉ねぎ、オクラ、ゴボウ、しょうがは食物繊維を多く含んでいます。

「野菜はダイエットにはいい事は分かったけど毎日毎日野菜をとるために何を作るか考えるのは大変だな」と考える方もいると思いますそこで次の見出しでは多く野菜が取れて体も暖かくなる料理を紹介していきますね!。

 

 

鍋はカロリー抑えても満腹に!

 

今日ダイエットのために野菜使って何作ろうかなという時にオススメなのが鍋です!

鍋はスープと具材を煮込めばできるお手軽料理で今はスーパーでいろんな種類のスープがあり、何日食べても飽きがなかなかこない低カロリーなダイエットにはもってこいな料理ですね!

ですが入れる食材によって太ってしまう鍋に変わってしまいます。

 

「どんな鍋が太ってしまう鍋なの?」

 

食材に脂身の多い和牛や牛肉のばら肉やひき肉は高カロリーなので使わないようにしましょう。

さきほどの見出しに書いてある血糖値をあげてしまう食材も入れないようにしてくださいね。

鍋の種類はすき焼き、味の濃いカレースープ、担々鍋は高カロリーなのでやめましょう。

つけだれにゴマだれを使わないようにしましょう。

鍋のしめは美味しくてついつい食べてしまいがちですが鍋のしめはお茶碗一杯分にしておきましょう。

 

「じゃあ、太りにくい鍋ってどんなの?」

 

水炊き鍋、湯豆腐、トマト鍋、キムチ鍋、みぞれ鍋

が低カロリーの鍋です。

低カロリー鍋を作るには入れる食材にも気をつけましょう。

さきほどダイエットにむいている野菜でご紹介した野菜の中で鍋に合いそうな野菜は、

白菜、ネギ、もやし、ごぼう、大根、しょうが

野菜以外の食材は

豆腐、こんにゃく、魚介類、豚肉(部位はもも、ロース)鶏肉(部位はささみ、ムネ)は皮を取ってから鍋に入れましょう。

 

スポンサーリンク

 

しらたきやマロニーを上手に使おう。

 

しらたきやマロニーは鍋のかさましができてすぐにお腹いっぱいにしてくれる食材です。

しらたきには食物繊維が含まれていて、マロニーはカロリー低めで食物繊維は含まれていなくてもゆるやかな血糖値の上昇なので、我慢せずにいっぱい食べれることができますよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

お正月太りは食べ過ぎだけではなく寒いからといって動かずゴロゴロして過ごしていたための運動不足も原因の1つです。

痩せれる鍋を食べ運動不足の改善にも心がけるとスムーズに痩せれるはずです。

以前のスマートな体が戻ってくるように頑張りましょうね!

 

▼年末年始の鍋や煮物に低カロリーで栄養満点「松山どり」!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です