洗濯したのにバスタオルから嫌な臭いが!この臭いを取ったり予防する方法は?

 

毎日使うバスタオル、しっかり選択していたはずなのに、気づくと嫌な臭いがしたという経験はありませんか?

丁寧に洗ってみたり、いい香りの柔軟剤を使ってみたりしてもなかなか取れない匂い、今回はその嫌な臭いを取る方法をご紹介します。

 

バスタオルの匂いの原因

 

そのバスタオルの嫌なにおいの原因はずばり雑菌です!

雑菌と言われてもきちんと洗っているし、なぜ?と思われるかもしれません。

 

そのバスタオルを洗っている洗濯槽はきれいにしてありますか?

せっかく洗っても洗濯機の中が雑菌だらけでは、洗濯物に雑菌をうつしてしまっているだけですよ!

 

バスタオルはお風呂の後のきれいな体をふいていると思っているかもしれませんが、

私たちの目には見えないような小さな雑菌がついています。

また、お風呂でかいた汗や髪、皮膚に残っていた石鹸などが付着します。

そして、その汚れに雑菌が集まり、繁殖してしまうのです。

 

一回雑菌が繁殖してしまうと、普通に洗濯しているだけでは匂いをとることは難しいと言われています。

今回はその匂いを取る方法をご紹介します!

 

バスタオルの匂いを取る方法

 

一番簡単な方法は、酸素系漂白剤を使う方法です。

私がおすすめするのは、液体タイプよりも粉末タイプのものです。

様々な口コミを見ても、粉末タイプの方が嫌なにおいが取れたという意見が多く見られました。

 

もし家に液体タイプの漂白剤しかない場合は、一度液体タイプの漂白剤を使ってみてから。

もし取れないようであれば、粉末タイプのものの購入を考えてみてもいいかもしれないですね。

 

酸素系漂白剤を使うときは、40℃~60℃の温度で使うと一番殺菌力が高まるそうです!

60℃のお湯は結構熱いので、使うときは十分に注意して使ってくださいね。

 

漂白剤に十分につけたら、しっかりと洗い流し素早く乾かすことがポイントです。

濡れたままにしておくとまた匂いが付き、雑菌が繁殖しやすくなりますよ。

乾燥器があるのであれば、すぐに乾燥機にかけるようにしましょう。

 

乾燥器がなければ、天気が良く洗濯物がすぐ乾く日に洗濯をするようにしましょう。

また、部屋干しをしたいのであれば、除湿器を回したり、扇風機を回したりするなどして早く乾くように工夫するといいですよ。

 

バスタオルの匂いを防ぐ方法

 

バスタオルには寿命があるということはご存知でしたか?

頻繁に使うものには寿命と言うものがつきものですが、バスタオルの場合はなんと洗濯30回と言われています。

 

もし、お風呂で使うたびに毎回毎回洗濯をしていたら、一か月しかもたないことになります。

バスタオルは、安いものではないので、毎月買い替えるのは大変ですよね。

そこで、長持ちさせるコツを紹介します。

 

バスタオルの匂いを防ぐために、香り付きの柔軟剤等をたくさん入れていませんか?

実は柔軟剤はバスタオルの嫌な臭いの原因になっている場合があるのです。

 

柔軟剤は、洗濯物を柔らかくふわふわに仕上げてくれたり、いい香りにさせてくれたりとても便利なものですが

洗剤と一緒に入れてしまうと、洗剤が洗浄能力を十分に発揮することができません。

柔軟剤はあとから入れるようにすることと、使用量を守ることが大切です。

 

また、毎回毎回洗濯するのはなく、普段は天日干しするなどして、洗濯をする回数を減らすようにするといいでしょう。

洗濯をしすぎるとタオルの繊維を傷めてしまい、雑菌が奥まで入り込み繁殖しやすくなってしまいます。

 

まとめ

 

バスタオルの嫌な臭いを解消するためには、正しい洗濯をすることが大切。

嫌な臭いが出てしまう前に正しい洗濯でバスタオルの臭いを解消しましょう。

 

もし嫌な臭いが発生してしまったら原因は雑菌。

酸素系の漂白剤とお湯できれいにしましょう。

綺麗なタオルで清潔に過ごしましょう。

 

▼酸素系漂白剤(粉末タイプ)のオススメ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です