「退職」と「離職」の違いはコレ!職場を円満に辞める手順とは?

 

「退職」「離職」

企業で人事部などに属していれば、一度ぐらいこの言葉の違いについて考えたことはあるかもしれません。

離職も退職も会社を去ることには変わりないので、どちらでも良いのでは無いか?と考えますが、実質は違います。

今回はその辺を掘り下げて行きます。

 

スポンサーリンク

「退職」と「離職」の使い方は?

 

「退職」は、会社を退くことを指します。

一般的には退職を宣言する場合、退職する2週間前に退職届を上司に提出し、上司が認めた場合退職が出来る事になっています。

しかし、実際の業務では、仕事を次の人へ引き継ぎし、渡していかなければならないため2週間で直ぐに退職できるかどうかは会社の業務事情によります。

 

この場合は世間的に会社を辞めた・・・つまり退職とされます。

あくまでも会社を自ら退くことを退職と言うようです。

かたや離職については、退職とほぼ同義語で世間的には退職も離職も同じ意味です。

 

離職はハローワーク用語で、ハローワーク以外ではこの言葉はあまり聞きません。

また、公務員が公務員法上、身分を失う時に離職という言葉を使っているので、一般企業に勤めている場合やアルバイトなどを辞めるときはどちらの言葉を使っても意味は同じですから間違いではありません。

 

スポンサーリンク

「退職」と「離職」の宣言方法?

 

誰しも遺恨を残したまま辞めたくはないと思います。

ですので、円満に辞めるために非常識な退職の仕方は避けましょう。

 

一般的に退職するには、退職届を書きます。

その書類は会社により書式が異なります。

所定の書類を作成して上司に提出すれば、退職を宣言したことになります。

会社によっては即日で辞めることも出来ますが、出来るだけ円満に退職できるようにしていきましょう。

 

因みに、離職も概ね同じ意味合いで考えられています。

厳密には離職は公務員法の中にある言葉なので、一般企業での宣言方法は退職も離職も変わりありません。

 

「退職」と「離職」の手続きの違いは?

 

退職と離職の手続きは、退職を宣言し、その後退職が認められると、業務を引き継いで会社から借りている物を返却します。

例えば社員証健康保険証制服などを返却します。

その後、会社から離職票が送付されてきます。

離職票を持ってハローワークに行き、失業保険を貰う手続きを行います。

自己都合で退職した場合は、3ヶ月貰う事が出来ません。

しかし会社が倒産した等の場合は、即日貰う事が出来ます。

 

失業給付については、受給期間中に新たな資格を取得するなどスキルアップを行う事も出来ますし、ハローワークや民間の会社を利用して仕事を見つけることが出来ます。

離職についても手続きはあまり変わりありません。

 

ハローワークの職員が離職等という言葉を使うかもしれませんが、同じ事を言ってると言う認識で構いません。

それは上の項にも書きましたが、公務員法の言葉ですから公務員からすれば日常用語です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は退職と離職の違いについて書いてきました。

調べる前はもっと厳密な意味合いがあると思っていましたが、それは、考え違いをしていたようで両方とも同じ意味合いである事が判明しました。

 

退職は会社であればどんなところでも使われている言葉で、離職は公務員の間で使われている言葉という事が今回良く解りました。

そういえば退職は良く聞く話ですが、離職はあまり会話や日常生活の中には出てきませんね。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です