「アップデート」と「アップグレード」の違いはコレ!意味と必要性を覚えよう

 

PC(パソコン)用語が解らない事ってないですか?

私は解らない事だらけです。

しかし、私と同じ様な方はたくさんいるのではないでしょうか?

 

もちろんPCを使いこなしている方でも、上手く説明できなかったりしますよね?

本当にPCの事を理解して説明できる人の話だと、初心者にとっては、逆に意味が解らなくなる事もあります。

 

初心者の方でも理解できるレベルで説明していきたいと思います。

今回ご紹介する言葉は、アップデートとアップグレードです。

 

アップデートとアップグレードの違いと必要性。

特に初心者の方は理解しておきたい言葉です。

 

スポンサーリンク

 

「アップデート」と「アップグレード」の意味と必要性!

 

まずはそれぞれの意味や必要性について。

 

アップデートの意味と必要性

 

アップデートの意味

更新する事。

基本を変えないで機能向上(更新)したり、不具合を修正する事です。

 

アップデートの必要性

パソコンを安全な状態にして、快適に使う為にアップデートが必要となります。

パソコンを起動させる為に一番多く使われているソフトウェアは、Windwosですが、これ自体もアップデートをして、常に良い状態を保つ様にする必要があります。

特に良く聞くのが、「ウイルス対策」です。

これもアップデートをする事によって、パソコンを安全な状態に保ってくれます。

 

アップグレードの意味と必要性!

 

アップグレードの意味

高性能な物に切り替える事。

基本も含めて新しい物を上書きする事です。

 

アップグレードの必要性

性能が進歩したり品質が良くなると、それだけ安全性も高まります。

新しい機能を取り込むことによって、利便性が良くなります。

 

スポンサーリンク

アップグレードは本当に必要なの?

 

アップグレードについては、何に対しても絶対に必要とは私は思いません。

例えば、Windows7を使用している場合、最新の物はWindows10になります。

しかしすべての人がアップグレードをしたのか?と言うと、そんな事はありません。

実際私もWindows7のまま利用しています。

 

「なら、安全じゃないのでは?」と思いますよね。

そこで重要なのが、アップデートなのです。

アップデートをする事によって、Windows7のままでも安全に利用する事が出来るのです。

アップグレードは高性能な新しい機能が、自分にとって必要かどうか?

そこを判断して行えば良いと思います。

私自身がWindows7のままにしている理由もそこにあります。

やはり使い慣れた物の方が、自分にとって便利だからです。

この先もしかしたら、Windows10にするかもしれませんが?

 

アップグレードの場合、無料で出来るか?と言うと・・・

有料の事の方が多いです (^^;)

 

実際に行ってみて、「えっ!これしか変わらないの?」なんて事も多いです。

事前に何がどのように変わるのか?

自分にとって本当に必要な機能なのか?

よく確認してから決めた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アップデートとアップグレードの違いは解りましたでしょうか?

本当に難しいですよね。

 

アップデートなのですが、よくパソコンを開くと下の方に「更新が必要です。

などと言う言葉が出て来る事があります。

 

私もついつい(✕マーク)をクリックして消してしまうのですが、あれこそ注意で「アップデートしてくださいね。」と教えてくれているのです。

そんな時は、よく読んでから(×マーク)をクリックしましょう。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼Windows10に「アップグレード」したい方はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です