「ベスト」と「チョッキ」の違いはコレ!見分け方や名前の由来は?

 

ベストチョッキ・・・明確な違いってよくわからない方も多いかと思います

この二つの言葉の違いについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

「ベスト」と「チョッキ」の特徴とは?

 

「ベスト」

下着と上着の間にきる洋服のことで僧侶が着る意味もあり、昔はコート、スーツなどの上着を着ると胸辺りベストが少し見えるように作られているそうです。

 

「チョッキ」

ポルトガルの言葉、jaquetaからか袖なしの短い胴着。

ジレともよぶそうです。

 

スポンサーリンク

「ベスト」と「チョッキ」の違いや見分け方は?

 

「ベストの種類」

「ウェストコート」

フランスではジレと呼びますが、イギリスではウェストコートだそうです。

袖のない洋服はジャケット、チョッキと呼びます。

ベストの生地はウール、アクリル製ですが夏は暑いので季節関係なく着れる綿にポリエステルなどを使います。

 

「バトルベスト」

バイカーに乗る人はジャケットの袖を切った服を「カットオフ」とよびます。

 

バイクが好きな人、激しい音楽が好きな人はバトルベスト、バトルジャケットと種類がたくさんあります。

※バトルジャケットは第二次世界戦争にアメリカの陸軍が着たジャケットのことです。

 

 

「タンクトップ」

イギリスでベストとはアンダーシャツのことで、日本語は下着のタンクトップのことです。

 

「セーター、ベスト」

英語でベストは袖のないジャケットと下着の間にあるものなので上着として使うことがあります。

 

セーターで編んだものをセーターベストなどとよびます。

 

「チョッキ」

チョッキはふとももまで丈があって袖がついている服もありました。

チョッキの形に変わるのは18世紀からフロックコート、モーニングコートの形になりました。

※フロックコートは19世紀~20世紀で昼間着る男性用のスーツです。

 

フロックコートと一緒にシャツ、ベスト、パンツなどネクタイもセットです。

モーニングコートに替わり結婚式で男性が着るようになりました。

 

※モーニングコートは男性が昼に正式なコートで大事な式で着る服です。

前は昼間だけきていたそうです。

「ベスト」と「チョッキ」の名前の由来は?

 

「ベスト」の由来

フランス語でベストはveste英語ではvestで言い方は同じですが書き方が違います。

ベストの形になったのは15世紀~7世紀までは男性だけの上着として使われていた服はダブレットとよんでいたそうです。

ダブレットは1650年頃には丈、袖が短くなって現在の形になりました。

 

「チョッキ」の由来

19世紀になってもジャケット、パンツ、チョッキは別々に作られていましたがしばらくすると三つとも一緒に作られるようになり、男性だけではなく女性も着るようになり前開きのボタンでとめる形、ファスナーでとめるようになりました。

日本では直接着る意味から直着と呼ぶようになり今のチョッキという言葉になった説もあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ベスト、チョッキは似ていますが、コートから短くなって今の洋服の形になりました。

ジャケットとシャツの間にきる洋服ですが元々は男性が着るスーツですが今は男性、女性でもスーツをきるようになりましたがベストを着ている人は男性だけのような気がしますし、大事な式があるときはかかせない服だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です