「ボーカリスト」と「シンガー」の違いはコレ!役割で呼び方が変わる?

音楽っていいですよね。

忘れかけていた思い出を、一気によみがえらせてくれる。

 

昔懐かしい曲を聞くと・・・

あの時は楽しかったな。とか辛かったけど頑張っていたよな。とか

色々な時を思い出しますよね。

 

それは良い曲であり歌う人が上手だからですよね?

 

しかし歌う人の事を、
「ボーカリスト」と言ったり「シンガー」と言ったり・・・

この違いってなんですかね?

 

歌を歌う人の言い方の違いを、一緒に学んでみませんか?

 

きっと、「なるほど!」
と納得していただけるのではないかと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

「ボーカリスト」と「シンガー」の違い!

 

ボーカリストとは、歌う人の事です。

しかし一人というわけではありません。

バンドをイメージしてください。

バンドの中には、ベースやキーボード、ドラムなど様々な担当があります。

その中で歌を歌う人の事を、ボーカル担当(ボーカリスト)と表現します。

 

シンガーとは、歌う人の事です。

シンガーは日本語で表現すると歌手になりますが、シンガーの方が上手なイメージを感じますね。

結局、ボーカリストと同じ意味なのですが、違いはあります。

 

イメージでは、

ボーカリスト → バンドの中の歌を歌う人

シンガー → 一人で歌う人

 

と言う様に考えると解りやすいかと思います。

この様に音楽の世界では、歌を歌う人でも色々な呼び方をします。

ボーカリストとシンガーの違いは、理解していただけましたでしょうか?

 

他にも歌を歌う人の事を違う呼び方で表現する事がありますので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

ボーカリストとシンガーとは違う歌い手の呼び方!

 

シンガーソングライター

シンガーの後にソングライターの文字が付いています。

これでお解りですよね?

作詞と作曲をして歌も歌っちゃう人の事です。

しかし、作詞だけとか作曲だけの人も、シンガーソングライタ―と呼びます。

 

アーティスト

歌を歌うと言う音楽の世界だけではなく、芸術的な事(デザイナー、画家など)他の活動もしている人の事です。

アーティストと同じ意味で芸術家とも言います。

特にアーティストの中でも、音楽の分野では「ミュージシャン」と呼ばれる事もあります。

 

声楽家(セイガクカ)

クラシックやオペラの歌を歌う人の事です。

 

ボーカルグループ

グループで歌を歌っている方々の事です。

例えば、アイドルグループとか、ゴスペルグループですね。

 

ボーカロイド

この言葉は数年前から良く聞きますよね。

しかし、多くの方が「初音ミクちゃん」の様な、キャラクターが歌を歌っている事だと思っています。

ボーカロイドとは、人間の音声を合成するソフトウエアの事なので、歌い手の事ではありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ボーカリストやシンガー(歌手)の人って凄いですよね。

人に感動を与えられる職業です。

 

どんなに曲が良くても、どんなに詩が素晴らしくても、

やっぱり歌う人が上手じゃないと、誰も感動してくれませんからね。

 

しかしボーカリストもシンガーも、感動を与える分、努力も人一倍しているのではないでしょうか?

ボーカリストの意味とシンガーの意味を理解して、これからも良い音楽との出会いが楽しみですね。

 

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼何年もボーカロイドの頂点に君臨し続ける歌姫!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です