すすぎ回数で変わる?全自動洗濯機で柔軟剤を入れる適切なタイミングとは

 

全自動洗濯機で柔軟剤を入れるタイミングはいつがいいのでしょうか?

すすぎの回数で変わる効果などを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

全自動で柔軟剤を入れるタイミング

 

柔軟剤を入れるタイミングは洗濯をする前に柔軟剤専用の場所に入れます。

すすぎをするときに自動で洗剤を入れるので便利です。

 

縦の形の洗濯機は柔軟剤専用の入り口は洗濯機の端にあったり、洗濯槽の近くにあります。

ドラム式の洗濯機は洗剤を入れる引き出しに洗剤を入れる場所、柔軟剤用を入れる場所が別々なので間違えないように気をつけましょう。

 

手洗い、二層式洗濯機のときは

洗剤で洗濯をして、すすぎをしたあとにすすぎの水が綺麗になったら柔軟剤を入れるといいですよ。

 

すすぎの回数は関係ある?

 

すすぎ1回だけですすぎができる洗剤は1回するだけでしっかりと汚れがおちますが、すすぎが1回だけだと洗剤の泡がなくなり洗剤独特のぬるめもなくなります。

 

すすぎ1回、すすぎ2回の違いはあります。

すすぎ1回にすると洗剤が残ってしまうので、汚れを洗う力と衣類を柔らかくする効果を消してしまいます。

 

柔軟剤の効果を出すためにはすすぎ1回よりすすぎ2回で洗濯をしましょう。

すすぎが足りないと洋服に洗剤が残って黒ずみ、においの原因にもなったり、洋服が乾いたあと固くなってしまうので注意が必要です。

今お店で売られている洗濯機の性能、洗剤の効果を考えて作られているのですすぎは2回以上するのがおすすめだそうです。

赤ちゃん、肌が敏感な人は、洗剤が洋服に残ると刺激で肌が荒れたり、肌トラブルの症状が起きると大変なので2回以上すすぎをしましょう。

 

スポンサーリンク

脱水しすぎると柔軟剤の効果が無くなる?

 

雨の日は外に干すことはできないので脱水をする時間が長めになることがありますが、水にとけた柔軟剤の効果が薄れてしまいます。

脱水が長くなると洋服が傷んだり、洋服の繊維によっては縮んでしまう可能性があるので長く脱水をかけないようにしましょう。

柔軟剤の効果を出すには柔軟剤成分を洋服に残すことが大切です。

 

洗濯をする時、やってはいけないこと

 

  • 柔軟剤は最後にすすぎをする時に入れる

すすぎをする前に入れると洋服、水についている洗剤の洗浄成分、柔軟剤の効果がなくなってしまいます。

 

  • 水道のお水を使うようにする

お風呂に入ったときに余ったお湯には菌が多く、洋服ににおいがつく原因になるので蛇口から出る水道のお水を使いましょう。

※余ったお湯で洗濯するときは、すすぎを2回にして洗うようにしましょう。

 

  • 一度にたくさん洗濯しない

汚れがついているときはたくさん洋服を洗濯機に入れないようにしましょう。

すすぎ1回だけのときは何枚か洋服を入れて洗うようにすると汚れがおちやすくなります。

 

  • 毎回すすぎは二回以上

忙しいときだけすすぎを1回するのではなく、毎回洗濯するたびにすすぎを2回以上にするように工夫すると安心して着ることができます。

 

すすぎの回数で電気代は節約できるの?

 

電気代は1回の洗濯で数円くらいなのですすぎが1回、2回でも料金は変わりませんが、水道の料金は違います。

1回の洗濯で使う水は約20円くらいなので2日に1回洗濯機を回す所では、すすぎを1回にすると、月にかかる水道代は20円×15日=300円節約ができます。

一年で計算すると3,600円ぐらいになるので、少しでも節約したいときはすすぎ一回の洗濯をしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

昔は二層式の洗濯機がありましたが今は電源を入れたら自動で洗濯をしてくれるのは便利ですね。

最近はドラム式、二層式の洗濯機がありますが洗剤を入れる場所が違うのできちんと確認してから洗剤をいれるようにしましょう。

肌が敏感ですぐ肌が荒れる人はすすぎの回数を増やすように工夫をしたり、柔軟剤が入っている洗剤で皮膚がかゆくなることがあるので、柔軟剤が入っていない刺激が少ない洗剤で洗ったり肌に刺激が少ない洗剤を使ってみてはどうでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です