年々目立つ、目元のシワを改善したい!オススメの美容液5選

 

30代から40代になると笑ったときに目尻のシワが気になりますよね?

ある日鏡に映った自分をみて愕然・・・なんて体験をした方もおられるかと思います。

そこで目元のシワの原因、どんな美容液を使ったらいいのかを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

目元のシワができる原因

 

顔の皮膚は他の皮膚と比べてとても薄いですが、顔の中で一番薄いのは目の周りです。

表面の皮膚は0.1~0.3mmはありますが目の周りの表皮はなんと0.02mmととても繊細な場所で目の周りは皮脂腺が少なくなっています。

 

  • 乾燥

皮脂と汗が混ざると皮脂膜(天然の保湿クリーム)が肌を守ってくれますが、目の周りは皮脂が少ないので外からの刺激を受けやすいため乾燥しやすい場所。

ですから、30歳を過ぎると皮脂の分泌が減るので乾燥して小じわがでます。

 

  • 目のこすりすぎ

季節の変わり目で花粉症になったり、アレルギーなどで目が疲れたりかゆくなるなどの症状が出る人は、目をこすりすぎるとシワの原因になります。

目がかゆくなったら保冷剤・冷えピタなどで冷やしたり、目が疲れていたらホットアイマスクなどで目元を温めるなどのケアをすると改善する可能性があります。

 

  • 血行不良

職場、自宅でパソコン、スマホなどで画面を見ていたら目を休ませる時間がありません。

疲れがたまりすぎたり、目の回りの筋肉をたくさん使っていると、血行が悪くなったり小じわの原因になるので目を閉じて休憩をしましょう。

スマホ、パソコンの画面にはブルーライトの光が出ているので、ブルーライトカットの眼鏡などをつけて目に負担をかけないようにすることが大切です。

 

  • 化粧品の残留

化粧をするのはいいですが、寝る前にしっかりとクレンジングで洗いましょう。

顔に化粧品が皮膚に残ると肌にダメージを与えてしまい、毛穴に汚れがつまりやすくなります。

顔を洗うときは力を入れるとシワができる原因になるので、きめ細かい泡で優しく洗うと肌にダメージがかかりません。

 

美容液の効果

 

「保湿美容液」は、乾燥しやすい目元、口元を保湿するとシワ、たるみを予防することができます。

美容液には肌を白くする美容液、肌にできたニキビを治す美容液、しわを治すための美容液、しみを治すための美容液など色々な種類の美容液があるので自分に合った美容液を使いましょう。

 

売れているオススメの美容液5選

 

「リペアジェル」(32ml 15,000円)

 

 

このリペアジェルの美容液にはすべての成分が入っているので、顔を洗ったあとはこの1本だけで大丈夫です。

何も薬を使っていないお米から作った美容成分「アミノ酸生命体」、コラーゲンが入っているので、肌を集中的にケアしてくれる「ビタミンC生命体」が入っています。

100%美容成分ら100%植物の成分が入っています。

 

「アスタリフト」(30ml 6,000円)

 

 

トマトに含まれているリコピンを独自の技術で高濃度の美容成分をつくることに成功しました。

アスタキサンチン、高浸透型レスベラトロールの3つの働きで肌の表面、内側から働きかけます。

 

「メディプラスゲル」(180g3700円)

 

 

600万本以上売れた人気がある美容液商品です。

お手入れに必要な成分が1つになりました。

ナノ型ヒアルロン酸などね66種類の美容成分が入っているのでハリ、モチモチの肌に改善することができます。

購入したい方は上記サイトをクリックしてみてくださいね。

 

「トワエッセ」(9ml 3,000円、33ml 6,476円)

 

 

トワエッセは美容成分が108種類入っている商品です。

化粧水をつけたあとにつけましょう。

つけたピンと張ったように感じる美容液成分がシワにアプローチしてくれます。

刺激から肌を守る働きなどがありハリとモチモチの弾力がある肌に改善してくれます。

 

「アイムピンチ」(10ml 952円 60ml 12,000円)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<I’m PINCH> アイムピンチ 60ml 美容液
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/10/17時点)

 

 

乾燥から肌を守る美容液が入っているので化粧水をつけたあとに塗りましょう。

日本で作られた大豆、米ぬかを納豆菌で発酵させたセラビオが30%高配合されています。

14種類の厳選された美容成分も入っています。

体に害がある成分は使っていないので安心して使うことができます。

今なら公式サイトからお試し価格で買うことができます。

 

スポンサーリンク

 

そもそもシワを作らない方法は?

 

  • 洗顔方法

目の周りは皮膚が薄いので少しの刺激でもシワになる可能性があります。

顔を洗うときはきめ細かい泡で洗って顔を拭くときはこすらないようにしましょう。

 

  • 目元パック

目元が乾燥しているときは、コットンパックに化粧水を含ませて目元パックします。

パックは2~3分時間がたったらはがしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

若い時は肌がモチモチなので肌のトラブルはありませんが30代をすぎてからいつも通りのお手入れをしても肌が乾燥してさらに目元のシワが気になりますよね?

そんなときは美容液が入った化粧品を使いましょう。

若い頃のようなお手入れでは乾燥してしまうので、年齢に合ったお手入れをすることが大切だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です